JAL・B787国内線初投入!名古屋中部‐東京成田線搭乗記

 2014年3月30日に羽田空港国際線の昼間が増便されるという、日本の空のエポックメイキングな出来事がありました。

 それに関連して、国際線接続の色彩が強いJALの東京‐名古屋線では、登場時はまさかと思った中部‐羽田線が1便増便の1日2便となりました。そして、1日3便だった中部‐成田線は1便減便の1日2便となってしまいました。

 しかしこのナゴナリとも一部で言われる中部‐成田線には、何と!2便ともB787が投入される事が発表されました。JALのB787は保有数は増えているものの、国際線のみに集中的に投入されていて、国内線には未就航でした。

 これまでこの路線は、朝の成田行き・夕方の成田発に関しては、本来の仕事の片手間とばかりに、国際線機材が間合い運用されてきました。今回のB787投入も国際線仕様機材での運行で、国内線でB787を本格的にと言うより、やはり間合い的です。…とは言え、JALのB787が国内線に初就航という事でファンには注目の出来事で、国際線のビジネスクラスシートを気軽に体験できる貴重な機会でもあります。

 今回、国際線には乗り継ぎませんが、春の小湊鉄道の旅で、早速、この路線を利用してみました。

中部空港国内線スポットに駐機するJALのB787

続きを読む

キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミークラス・香港‐名古屋中部搭乗記

プレミアムエコノミークラス、シートの第一印象

 キャセイの新しいラウンジ、ザ・ブリッジで寛いだ後、キャセイパシフィック航空名古屋行きの夕方便・CX532便の搭乗口となっている49番ゲートに向かいました。ザ・ブリッジは49番ゲートにいちばん近いラウンジでしたが、49番ゲートが隅の方だったため、歩いて3分位掛かりました。外を見ると、A330が駐機し出発の時を待っていました。

CX532、香港‐名古屋線のA330

 搭乗時間が近づき、搭乗口には自然発生的に乗客の列ができていて、私もその列に加わりました。すると何のアナウンスも無く、突然搭乗が開始となりました。アナウンスを聞き逃しただけかもしれませんが、たいていビジネスクラスやマイレージ上級会員、子連れ搭乗客らの優先搭乗、その後にエコノミークラス搭乗客と順番に機内へと案内されるのですが…。ちょっと呆気に取られ機内へと足を運びました。

続きを読む

ザ・ブリッジ(THE BRIDGE)~キャセイパシフィック航空、香港ビジネスクラスラウンジ~

 ザ・ウイング(THE WING)で寛いだ後、ザ・ブリッジ(THE BRIDGE)に移動します。香港国際空港第一ターミナルは、ターミナルビルからY字状に建物が伸び各搭乗口が配置されています。ザ・ウイングはターミナルビル内に、ザ・ブリッジはターミナルビルから進んだY字状の突き当たり部分にあります。

CXラウンジ、ザ・ブリッジ入口

 ザ・ブリッジ入口。2013年の10月オープンで、香港国際空港のキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの中では最新のものになります。ザ・ウイングから歩くと結構ありますが、名古屋中部行き532便の49番搭乗口からは最も近いラウンジだったので、結果的には幸運でした。

受付は階段を下った1階下にありました。

続きを読む

ザ・ウイング(THE WING)~キャセイパシフィック航空、香港国際空港ビジネスクラスラウンジ~

 香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは「ザ・ウイング(THE WING)」、「ザ・ピア(THE PIER)」、「ザ・キャビン(THE CABIN)」、「ザ・ブリッジ(EHT BRIDGE)」の4つの直営ラウンジと、グループ会社の香港ドラゴン航空のラウンジの「G16」と5つのラウンジがあります。全てビジネスクラスラウンジですが、ウイングにはファーストクラスラウンジもあります。

 今回は、近年改修が完了したザ・ウイングと、2013年10月にオープンしたばかりの一番新しいザ・ブリッジに訪れてみました。

香港国際空港、CXラウンジWING。

 ザ・ウイングはターミナルビルに近い2~3番搭乗口付近にあります。白い人工大理石の壁面のエントランスは洗練され高級感漂う雰囲気です。入ってすぐのカウンターで受付を済ますと、後でザ・ブリッジにも行きたいと伝えました。すると、スタッフの方がラウンジのインビテーションカードにRE-ENTRYというハンコを押してくれました。

続きを読む

    

作者

solano

列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅