こんなペンタックス・デジタル一眼レフカメラ上級機が欲しい!

 PENTAX K20DがK10Dに比べ、単なるマイナーバージョンアップに留まらず、高感度画質の向上、ダイナミックレンジ拡大機能の拡大等の性能アップを果たし魅力的と感じながら、購入はグッと我慢しています。まあK10Dを買って一年そこそこなので、買い換えるにはまだ早いと考えているのはありますが、それ以上にK二桁の上位機、もしくは次に控えるK20D後継機に期待しているからです。
 
 2年程前のペンタックス社員の方へのインタビューで「ハイエンド機は必ずやる」という頼もしい一言があり、K二桁を上回るデジタル一眼レフが出るのが期待されます。ま、HOYAの吸収前の記事ですので、今はどうなっているか解りませんが…。例えハイエンド機が無くても、K二桁の後継では、K10D→K20Dの時より、ハード的部分が刷新されたものが出るだろうと期待が持てます。

 で、私がどんな機種が欲しいかと言うと…。注文を付ければキリが無いので、優先順位を付け、
特に高いものを「◎」、その次に高いものを「○」としました。

◎ダイナミックレンジの向上。というか撮像素子側による根本的な改良。
◎視野率100%のファインダー。
◎高感度画質の向上。
◎14bit、もしくは16bit RAWの採用。
◎上記の性能を実現するなら、画素数はK20Dと同程度か少なくてもいい。
◎倍率色収差、パープルフリンジのカメラ内補正機能
○大型撮像素子の採用
○できれば軽く。K10Dの+100g程度で。
○連写性能の向上。

 闇雲な高画素化を目指すのではなく、画質に直結する部分の改良に重点を置き、画質の向上を図って欲しいというのが基本的な要望です。
 ダイナミックレンジの向上はK20Dにその機能が搭載されていますが、撮影後にカメラ内の処理でダイナミックレンジを拡大したと見せかているに過ぎず、フィルムに比べデジタルカメラのダイナミックレンジが狭いのは相変わらずのようです。DR拡大機能はISO200からしか使えないとか、状況によっては暗部にノイズが目立ちやすいなどのデメリットもあるようです。
 ファインダーは今でも不便は感じないのですが、上級機らしくより上を目指して欲しいです。ペンタプリズム部がNikonF6みたいにごっつくなるのは全然かまいません。
 高感度画質はより改善して欲しいです。できればISO800まではためらい無く使いたいです。やはり、旅行で三脚無しで行動できるのは、フットワークが軽くなり私にとって大きいです。
 連写速度やレリーズタイムラグと言った、速写性やレスポンスの改善は、私の撮影スタイルではK10Dで不満は無いので、ダイナミックレンジの拡大や、14(or16)bit RAWを実現するためなら、個人的にはまあいいかなと思っています。ただ、連写速度はK10Dの頃から多くのユーザーが不満を訴えているので、ハイエンド機やK二桁機で全く改善されないとなると、ペンタックスは要望を聞く気があるのかと疑ってしまいそうです。
 大型撮像素子採用機…、フルサイズ機はやっぱり欲しいです。あと、K20D発表前にweb上で、APS-Hサイズの撮像素子が搭載されるという噂があったのですが、個人的にはとても面白いじゃないかと思いました。駅舎をよく撮影しているのですが、大抵、横長の建物のため、画面上に空や、下部に地面とかが余分に写り込んでしまう事が多く、何か損している気分になってました。アスペクト比9:16のAPS-Hサイズなら、無駄が少なく駅舎を撮れそうですし、風景でもよりワイド撮影できそうです。

 今年はフォトキナの開催年で、翌年には1月あたりにPMA、3月にフォトイメージングエキスポと言った、カメラ・映像関連の見本市が続くので、それらのイベントで華々しく発表するため、上級機の開発は進んでいるかもしれません。もしかしたら、試作機が既に完成し、開発は最終的な詰めの段階に入っているかもしれませんね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

コメント

非公開コメント

デジイチと上限のない欲望

お久しぶりデス。
時間があったらウチの方にでもきてくださいな。

それにしても最近のペンタは活発ですね。
私はキヤノンEOS40D+白レンズ党ですが、パンケーキレンズや徹底した防塵防滴とか気になったりします。

高感度撮影や手ぶれ補正など今の時点でもかなりの進化を遂げたデジイチなので、機能に対する欲望は青天井状態なのかもしれませんね。

そろそろ、手軽に買える(10万円半ば)のフルサイズ機が欲しいところですね…。ただ、新陳代謝の激しくないレンズの方が長く使えるので、どちらを優先したら良いのか迷う所です。