2007/11/22

「PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」ファーストインプレッション

 この前の記事で汐見橋線訪問の事を書いたのですが、この日、大阪に行ったのはもう一つ目的がありました。中古カメラ屋をぶらぶら巡りたいなあと思っていたのと、更にあわよくば発売以来品薄のレンズ「PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」をGetできないかなあと期待していたからです。店頭に並ぶのをのんびり待とうか思い、予約は入れていなかったのですが、欲しいと思うと気になりだしました。よく行くカメラ屋で入荷状況を聞いても、なかなか入荷しない状態らしいです。ペンタックスが久々にリリースする高性能レンズ「★(スター)レンズ」だけあって大人気のようです。
 梅田や難波のカメラ屋を回ったのですが、「DA★50-135mmF2.8ED [IF]SDM」は見かけても、どこもDA★16-50mmF2.8は無し…。汐見橋線の旅を楽しんだのですが、ついでの目的とは言えDA★16-50mmF2.8を見つけられなかったのが心残りでした。最後にまだ見てなかったカメラ屋にふらりと立ち寄ると…、棚にDA★16-50mmF2.8SDMがあるじゃないですが!予約の取り置き分かと思い尋ねてみると、売り物との事で、直ぐに押さえて貰い、銀行にお金を下ろしに行きました。もう待ちきれず、地下街で箱からレンズを取り出し、直ぐにK10Dに取り付けました。そして、夜の難波や道頓堀で軽く試写しました。

 以下、私なりのファーストインプレッションと、その時撮影した画像を少々…。画像はRAW(PEF)で撮影、SilkyPixで現像しました。等倍でなくて恐縮ですが…。
  [※ペンタックス公式サイト;DA★16-50mmF2.8ED [IF]SDM 紹介ページ。※ページ中程。]
 PIE2007で触ったのですが、改めて持ってみると、K10Dとのバランスも良く、超音波モーター「SDM」のオートフォーカス(AF)の静かな事!静かで逆に合焦したという実感が最初は湧かなかった程です。世間では超音波モーター駆動の割に、AFが速くないとよく言われているようですが、スポーツ撮影をしない私には十分な速さですし、AFはしっかりと合ってくれています。


難波の高島屋と南海なんば駅
(16mm、f5.0、1/10秒、絞り優先AE、ISO400)
 難波の高島屋。重厚な洋風建築には南海のなんば駅も同居しています。
壁のブロックの継ぎ目も解るなど、解像感は良好に感じました。

道頓堀・かに道楽前
(16mm、f8、1/20秒、絞り優先AE、ISO400)
 道頓堀、かに道楽前で。抜けがいいと言うのでしょうか?クリアで、発色や立体感も良く思います。


道頓堀・くいだおれ人形
(50mm、f2.8、1/25秒、絞り優先AE、ISO250)
 道頓堀のアイドル・くいだおれ人形。ポートレートでよく使われる絞り値と焦点域なのですが、ボケ味はあまり良くないように感じました。まあ、私の一般的な撮影においては、ボケ味命ではないので致命的な問題ではないですが。

 ネット上では、良くない評判も聞かれるDA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDMですが、私の最初の感触では上々でした。あと旅が撮影目的の私にとっては、防塵防滴構造は、K10Dとあわせてとても心強いコンビです。
 今回は夜間という事で高感度寄りでの撮影となりましたが、近いうちに試写で(こじつけとも言う(笑))どこかに出かけて、色々撮影してこようかと思っています。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

コメント

非公開コメント

solano

列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅