ザ・ウイング(THE WING)~キャセイパシフィック航空、香港国際空港ビジネスクラスラウンジ~

 香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは「ザ・ウイング(THE WING)」、「ザ・ピア(THE PIER)」、「ザ・キャビン(THE CABIN)」、「ザ・ブリッジ(EHT BRIDGE)」の4つの直営ラウンジと、グループ会社の香港ドラゴン航空のラウンジの「G16」と5つのラウンジがあります。全てビジネスクラスラウンジですが、ウイングにはファーストクラスラウンジもあります。

 今回は、近年改修が完了したザ・ウイングと、2013年10月にオープンしたばかりの一番新しいザ・ブリッジに訪れてみました。

香港国際空港、CXラウンジWING。

 ザ・ウイングはターミナルビルに近い2~3番搭乗口付近にあります。白い人工大理石の壁面のエントランスは洗練され高級感漂う雰囲気です。入ってすぐのカウンターで受付を済ますと、後でザ・ブリッジにも行きたいと伝えました。すると、スタッフの方がラウンジのインビテーションカードにRE-ENTRYというハンコを押してくれました。

CXラウンジWINGの旧正月飾り。

 ビジネスクラスラウンジはひとつ上の階にあります。階段の手前に置かれた中国旧正月の飾りがきれいで、中国らしいムードに溢れます。

CXラウンジWING、ダイニングコーナー

 お腹が空いていたので、ソファーが並ぶエリアを抜け、いちばん奥のダイニングエリアへ。セルフサービスの食堂でシンプルな造りですが、背の高い竹の装飾が東洋的な雰囲気を奏でます。

 そして真っ先にヌードルバーへ。ビジネスクラスラウンジの飲食物は、大抵ビュッフェ形式なのですが、このヌードルバーは注文毎に一つ一つ作ってくれる事で人気で、CXラウンジ名物の名物となっています。この日は、雲呑麺や日本式ラーメンで、前者を注文。出来上がりを知らせる円盤型のランプを受け取り、出来るまでの時間、ビュッフェコーナーから料理を選びます。

CXラウンジWING、食事1

 ホットミールコーナー。シュウマイとかチャーハンとか7~8種類の品揃え。他にフルーツや香港の有名なお菓子屋奇華餅家のお菓子などもありました。

CXビジネスクラスラウンジ・ウイング、ドリンクコーナー。

 セルフサービスのドリンクコーナー。ビールやソフトドリンクがあれこれ並びます。

CXラウンジ、ヌードルバー

 色々見ていると、いつしか円盤が点滅していました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ、ヌードル

 雲呑麺、炒飯、青梗菜の炒め。麺1杯の量が多くなく、色々食べたい私にはぴったりです。細く歯ごたえのある麺が美味しく、炒飯は細長いインディカ米のパサパサした感じと、中国の香辛料が少し入っているのが日本で食べる炒飯とも一味違っていました。炒飯にはこのお米の方が向いていると思いました。

CXラウンジ・ウイング、ダイニングコーナーからの眺め

 ウイングのダイニングコーナーの隅の席からは、飛行機を眺められます。外にはCXのB747-400が駐機中。吹き抜けの搭乗待合所を見下ろせる広々とした空間もゆとりを感させ、リラックスして食事ができます。

 食事を終え、ウイング内の他のエリアに移動します。ダイニングエリアの他に、コーヒーロフトや、ソファーが並ぶコーナーにエリアが分かれていて、それぞれに雰囲気が違い3つラウンジがあるようなものです。

CXラウンジ・ウイング、コーヒーロフト1

 コーヒーロフト内部。カジュアルなカフェと言った感じ。隅にはマックのPCが数台並んだカウンターもありました。

CXラウンジ・ウイング、コーヒーロフト2

 そしてカウンター。まるで街中のカフェのようにパンやサンドイッチが何種類も並ぶ魅惑の品揃え!

ウイング・コーヒーロフト、エスプレッソとペストリー

 食後のエスプレッソとペストリー。

CXラウンジ、ザ・ウイング

 そして、ソファーが並ぶコーナーに移動しました。天井が高く広々とし、外光が差し込むラウンジはいいですね。

CXラウンジ、ザ・ウイング、ロングバー

 このエリアの窓側はロングバーと呼ばれる長いカウンター席になっていて、CX香港ラウンジの名物となっていて、飛行機を見ながらお酒などが楽しめます。

CXラウンジ、ソーラスチェアー

 でも寛ぐならやっぱりソファーのコーナーへ。普通のソファーに混じり、変な形をした1人用のソファーが目を引きます。これはキャセイがイタリアに特注した「ソーラス・チェアー」というオリジナルソファーです。狭苦しいさを嫌う人もいるようですが、私は仕切りで囲まれ、程ほどのプライベート感があるこのソファーがお気に入りです。何せ、テントとか個室寝台と言った狭い所は好きなので(笑)

CX、ザ・ウイング、ビュッフェコーナー

 そして、ダイニングコーナーだけでなく、こちら側にも飲食物があれこれ並んでいるのが驚きです。ホットミールもいくつかありますが…

CX、ザ・ウイング、ビュッフェコーナー2
中国菓子・砵仔糕(プッチャイコー)、パスタサラダ、フルーツ…

CX、ザ・ウイング、ビュッフェコーナー4
チーズ数種類…
CX、ザ・ウイング、ビュッフェコーナー3

フルーツ、スナック菓子、ケーキとか…。

並べ方も奇麗で、まるで食べ物自体も装飾のようで、ラウンジの雰囲気を洒落たものにしています。

CXラウンジ、中国菓子・砵仔糕(プッチャイコー)

 目移りしましたが、砵仔糕(プッチャイコー)とジュースを取ってソーラスチェアーで寛ぎました。

 設備や食べ物が良かったのはもちろん、スタッフの方がこまめにラウンジを回っていたのも印象的でした。テーブルの空いた食器はすぐ下げに来てくれ、飲食物のチェックもまめにしていたようです。そんな所も、このラウンジをいいものにしているのだろうと思いました。

「空港ラウンジ」に関連した記事(日付は掲載日)
エミレーツ航空、ドバイ空港ビジネスクラスラウンジ(2013.9/14)
成田空港・JALサクララウンジ(2009.9/9)
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

コメント

非公開コメント