ソニー・サイバーショットRX100を買った。まずは設定を…。

 ハイエンド、または高級コンパクトデジタルカメラと呼ばれるカテゴリーのデジタルカメラが欲しいと思い続けていたのですが、遂にソニーのCyber-shot RX100(型番:DSC-RX100)を購入しました。
ソニーのハイエンドコンパクトデジカメ、RX100
(SONY RX100。純正のカメラケースに装着)

 ペンタックスのk-5などペンタックスのデジタル一眼をメインに使っているのですが、駅舎みたいにあまり気合を入れる必要が無く軽快に撮りたい場合や、日常の持ち歩きにコンデジが欲しいと思っていました。最近はカメラの重さが身にしみるようになってきたという理由も結構大きいのですが…(笑)
 また近年は「ハイエンド」、「高級」と呼ばれるカテゴリーのコンデジが増えてきて、興味を持って見ていたのですが、その中からコレだと思いRX100を選びました。やっぱり普通のコンデジの何倍も大きい1インチという撮像素子は、一眼画質は妥協はするけど、やっぱり画質には拘りたいという絶妙な線を突くとても魅力的な製品に映りました。にも関わらず他のコンデジ並みに小型なのは一眼のサブとしても併用できそうです。

 到着してまだ2日なので軽くいじった程度です。まあAモード(絞り優先)しか使わないだろうからと思いながら、初めてのコンデジに戸惑いは隠せません。特にこれまで使ってきたペンタックスのデジタル一眼と操作感などをつい比較してしまいます。「RAWボタンは?」「ISO感度をオートに戻す緑ボタンは?」「シャープネスとか画質設定は?」とか…。背面のMENUボタンから各種設定に辿り着く事は出来るのですが、一々そんな事をしていたら煩わしいので、マニュアルを見ながらボタン操作部分を中心に好みの設定にカスタマイズしてみました。  カスタマイズの肝は自分が良く使うであろう機能をいかに素早く呼び出せるかです。ディスプレイ右横にホイール機能付きの円形十字ボタンと、その左上にFnボタン(ファンクションボタン)があり、それぞれに機能を割り振る事ができ、以下のようにしてみました。

十字ボタン
中央:測距点選択
右:画質(RAW or JPEGファイン、スタンダードなど。)
左:ISO感度選択
上(DISPボタン):グラフィック表示。水準器。
下:露出補正

Fnボタン
ダイナミックレンジオプティマイザ・HDRー→ホワイトバランス→ドライブモード→フラッシュモード→調光補正→クリエイティブスタイル→ピクチャーエフェクト

 十字ボタンは押すだけで直接、設定画面を呼び出せます。なので十字ボタンの方に最もよく使う機能を登録しました。下部は露出補正専用のボタンでカスタマイズ不可のようですが、よく使う機能なのちょうどいいです。上部「DISPボタン」は背面ディスプレイ表示に関する専用のボタンです。中央は一応測距点選択にしましたが、面倒なのでフォーカスロックでいくかも。
 Fnボタンは最大7つまで機能を登録でき、ボタンを一押しする毎に次の設定画面に移ります。

 その他諸々の設定ですが、ISO感度のオート設定は基本感度下限の125から800にしておきました。拡張設定で100と80と更に低感度に設定できるのですが、説明書でダイナミックレンジが狭まると書いてあったので基本設定の範囲内にしました。
 あとシャープネスやコントラストと言った画像の割と基本的な設定項目が見当たらず、どこでするのかと戸惑いましたが、触っている内に「クリエイティブスタイル」の各項目で設定できるのを知りました。クリエイティブスタイルは、スタンダード、風景、ビビット、白黒と言った画像の仕上がりに関する設定です。ピクチャーエフェクトと似た感じの名称で紛らわしいですが、ピクチャーエフェクトは他社で言う所のアートフィルターで、トイカメラ、ポップアート、レトロ、ミニチュア、水彩画調と言ったインパクトのある特殊効果的な仕上がりが取り揃えられています。

 まだほん十数ショット撮っただけなのですが、コンパクトデジカメとは言えよく撮れるなあと思いました。ただ、コンパクトゆえの画像のヌメヌメ感はまあこんなモノなのかと…。シャープネスを+1にしてみようか…。高感度ノイズはISO800でも結構押さえられている…というかノイズリダクションが効いているのかも…。なのでノイズリダクションは弱にしておきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

コメント

非公開コメント