2012/10/31

ルワンダ・キガリへの道

 来年の夏はアフリカのルワンダ(Rwanda)に行こうかと考えています。

 ルワンダはアフリカのほぼ中央に位置し、コンゴ、タンザニア、ウガンダ、ブルンジと国境を接していて、大雑把に言うと、東アフリカのケニアより西側の少し奥まった所にあります。面積は2万6千平方kmで、四国よりやや大きい程度の国です。首都はキガリ(Kigali)で、国土の中央に位置します。

 そもそも何でルワンダに興味を持つようになったかと言うと、ルワンダと言えば1994年に発生した「ルワンダ虐殺」を思い浮かべる方も多いと思います。一説では100万人の国民が犠牲になったと言われる痛ましい事件なのですが、その悲劇から立ち上がり、「アフリカの奇跡」と呼ばれる程、急速に発展しているとTVを見て知り、TVで見た街並みも何十年後かには見違えるほど変わってるに違いないと思い、いつか行ってみたいと心に抱くようになりました。

 …と思いつつ、どんな国かろくに調べもせず時を過ごしていたのですが、9月に東京のビッグサイトで開催された旅博にルワンダも出展していると知り、立ち寄ってみる事にしました。

2012年旅博、ルワンダブース。

 広大なブースで派手にイベントを繰り広げている国や航空会社もある中、ルワンダのブースはささやかでした。ルワンダ観光と言えば野性のマウンテンゴリラを訪ねる「ゴリラトレッキング」が特に有名で、展示もゴリラを前面に押し出したものでした。名産品としてはコーヒーや紅茶が有名で、通行人に盛んにルワンダ産コーヒーの試飲を勧めていました。

 ブースに居た日本人の男性(お手伝いの旅行会社の人?)に、とりあえずいちばん気になる事を聞いてみました。
私:「首都のキガリって1人で歩き回っても大丈夫ですか?治安とかはどんな感じなのでしょうか?」
街歩きが好きな私にとっては最重要な問題で、治安に問題があれば、例えゴリラが待っていようと行く意味が無くなるも同然です。
係:「とても治安は良く、~~の調査でアフリカ一安全な街という結果がでました。」
それを聞いて安心し、行く気満々になりました。

 日本外務省の海外安全ホームページでも、ルワンダの危険情報は全土で4段階のレベルの内いちばん低い「十分注意してください。」との事。ヨーロッパやアメリカと言った、私が今まで行った国に比べたら若干の注意が必要かと思われます。まあでも、アフリカは全く初めてなので否応無く緊張せざるを得ない心境です。ですが、海外における一般的な注意を怠らず、かつ情勢の変化がない限り安全と捉えていいレベルなのでしょう…。

 もう一つ、キガリへの航空便を聞いてみると、最近、トルコ航空のイスタンブールからキガリへの直行便ができたとプッシュを受けました。だったら、成田もしくは関西-イスタンブール-キガリと1回の乗り換えでいけます。でも心の中では、トルコ航空はスターアライアンスだよなあ…。できたらワンワールドがいいんだけど。だけどこれを機会にANAのSFC入りを目指そうか…と思い巡らせていました。

 そして地図やパンフレットを貰い、来年2013年はルワンダに行こうと心に決め、ブースを後にしました。

  この次のルワンダ旅行準備ネタは、航空券についてああだこうだ与太話や戯言を繰り広げたいと思います(笑)

※「ルワンダ旅行」に関連する記事(日付は掲載日)
ルワンダ旅行・準備編(2013.8/24)
ルワンダ・キガリへのフライトを考えてみた(2013.6/19)

コメント

非公開コメント

solano

列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅