JAL修行、解脱~有終の国内線ファーストクラス~

心の中で暖めていたJAL修行の結びを飾るフライト

 JALグローバルクラブ(JGC)入会資格を得るため、10月から本格的にJAL・JGC修行を始めたのですが、遂に残り1384FOPとなりました。この数をキリ良く稼ぎたい訳ですが、長距離線のタッチ修行だと結構なオーバーになってしまいます。ふと思えば、那覇‐宮古間を特便割引で往復すると1438FOPとキリのいい数字なので、これなら那覇‐宮古タッチ&ピストン修行の時に、無理してもう1往復しておくのがコストパフォーマンス的には最高だったのかもしれません。

 けれども修行を計画し始めた頃に、漠然と思い浮べていた事があります。これを機会にJALの国内線ファーストクラスに乗ってみたい。そして修行の締めは印象的なものにしたいと…。そのうち二つの考えは自然と融合していき、「50000FOPオーバーのフライトは国内線ファーストクラスで…」と固まっていきました。

 だけど国内線ファーストクラスのあるフライトは、羽田発の大阪・伊丹、札幌・新千歳、福岡間一部の便しかなく、日帰りでできれば安くという条件を重視し大阪・伊丹を選びました。もう1フライトは名古屋中部-成田にし、成田‐羽田間はリムジンバスで移動する事にしました。

解脱への旅の始まり。名古屋中部‐東京成田線


 当日早朝、ミュースカイで中部空港へ。10月下旬からこのルートをもう3回も辿っています。国際線、国内線とも減便され寂しくなった感のある中部国際空港ですが、朝は国内、国際線ともに出発便が集中しているので、8両編成の列車はいつも混み合っていました。

 セントレアのエアラインラウンジで一休みし搭乗しました。成田行きのJAL3082便ではクラスJを予約していました。国内線なのですが…

国際線機材777-300ER運用時のクラスJ

 ヨーロッパ線で運用される国際線用機材のB777-300ERが充当され、ビジネスクラスはクラスJ席として使われていました。以前は朝の成田行き、夕方の成田発は国際線としての運行だったのですが、1年位前に国内線となりました。なんでそうなったかは知りませんが、個人的には比較的空いている中部で出入国手続きが出来るので、国際線扱いの方が嬉しいのですが、こうして国内線修行で使えるようになって恩恵に浴している訳で…。いつか銚子電鉄や小湊鉄道を再訪する時は是非利用したいです。

 フライトは僅か1時間で降りてしまうのがもったいない快適さでした。短時間なのでさすがにフラットにはしませんでしたが、レッグレストもしっかり足先までついていて深くリクライニングさせてくつろぎました。

 人気のクラスJとは言え、とても空いていて供給過剰の感がありました。それ以外でも普通席の方に向かった人も少なかった気がします。

JALのシークワーサ

 選んだドリンクはやっぱりシークワーサー。細かく言うとJALオリジナルドリンクのブランド「スカイタイム」のシークワーサー。沖縄線に限らず提供されるのですが、那覇宮古修行の時から機内で愛飲し、反射的にというか…、折角JALに乗ったのだからと思って、つい選択。私にとってはこのジュースはまさに「修行の味」です(笑)

成田から羽田へ

成田空港第2ターミナルリムジンバス乗り場

 そして成田空港に到着し、ゆっくりする間もなく、羽田空港行きリムジンバスのチケットを買い並びます。鉄道ファンの私としては、鉄道を使っても良かったのですが、乗り換が結構面倒で所要もほとんど変わらないのでバスにしました。 朝早かったこともあり、羽田までの1時間30分はほとんどウトウトと寝て過ごしました…zzzz...

 

 11時30分頃に羽田空港に着きました。余裕を持ってプランを立てたため、搭乗する13:30発の119便まで約2時間もあります。という事でJALショップを見た後、展望デッキに上がりました。そうしたら、ちょうど全日空のB787が到着した所!初めて見られて感激です。JALも4月からボストン線にB787を投入しますが、その前にアジア線に投入されるという噂もあるようです…。その時は乗ってみようかとちょっと考え中です。その十数分後、嵐ジェットが着陸しました。嵐ジェット目的らしき女性陣は、当然こっちの方でテンションが上がっていました。

国内線ファーストクラスの旅のはじまり、JALダイヤモンドプレミアラウンジ

羽田空港JALファーストクラス用エントランス

 そして遂に国内線ファーストクラスへの第一歩。ズラリとならぶ自動チェックイン機やカウンターの一角に、専用のエントランスがあります。一歩入ると空港の雑踏から逃れた静寂で重厚感のある空間に、さすがファーストクラスの旅の始まりと襟元を正す気分になりました。

JAL国内線、ファーストクラスエントランスホールの飾り

 エントランスホールにはこんな飾りまで。雰囲気作りも良く、ファーストクラスと言えどたかが国内線と侮っていたのは間違っていたと思いました。カウンターに係員の人がいたので素通りしてくのも何だしと思い、ここでいいのかと確認すると。保安検査場を案内してくれました。保安検査場もファーストクラス専用で、空いていて待ち時間も無く、気のせいか検査員の人の所作もより丁寧だった気がしました。

 この後はサクララウンジと共通のレセプションになりますが、受付でカードリーダーにかざすと、「こちらへどうぞ」とダイヤモンドプレミアラウンジの方を案内してくれました。ダイヤモンドプレミアラウンジはファーストクラス利用者や、ダイヤモンド、プレミアとワンワールドエメラルドと言った上級ステイタス保持者専用で、サクララウンジより上位という位置付けなのですが…

羽田空港、JAL、ダイヤモンドプレミアラウンジ

 中はサクララウンジとほとんど同じで、入り口が違うだけで行き着く先は実は同じなんじゃないかと思う程でした。食べ物は朝夕など一部の時間帯にはロールケーキ、おにぎりなどプラスアルファがあり、サクララウンジとは差別化が図られているらしいですが、昼はいつものあられ以外特に無かったです。国際線に比べると、敷居の低い国内線なのでこんなものなのでしょうが…。でも、昼間で閑散としたラウンジにあって、あからさまにカジュアルな格好をしていたのは私だけだったので、この辺は上位ラウンジの趣きと言った所でしょうか。

羽田空港、JAL、ダイヤモンドプレミアラウンジ2

 とは言え、個室風のブースにあられとコーラを持ち込み、フライトまでのひと時をのんびりとくつろぐ事ができました。

JAL国内線ファーストクラスの旅

JAL119大阪・伊丹行き搭乗

 そして13番ゲートへ。機材はB777-200です。優先搭乗できるステイタスではありませんでしたが、国内線ファーストクラスの特権で優先搭乗で、他の搭乗客に先駆け機内に乗り込みました。

JAL国内線ファーストクラス座席

 JALの国内線ファーストクラスの座席。国際線みたいにフルフラット、1席ごとの独立シートとまでは行きませんが、高級なソファーを思わす革張りのゆったりとしたシートです。シートピッチも十分で、シェルのせいで数値ほどの間隔が感じられない先程のビジネスクラスのシートよりも広くゆとりを感じます。

JAL、国内線ファーストクラス、メニュー表紙

 シートに座るとドリンクや機内食のメニューが置いてありました。この便のファーストクラスはほぼ埋まっていた様子で、私の隣にも直に人が座りました。離陸前に責任者のアテンダントさんが乗客一人一人に丁寧に挨拶していきます。こういうところはさすがファーストクラスです。

JAL羽田-大阪・伊丹便機内から見た富士山

 離陸してしばらくすると右手には富士山を見下ろす大パノラマが広がりました。修行の最後を飾るに相応しく、晴れ晴れしい気分になります。

JAL国内線ファーストクラス、テーブル

 機内食の配膳が始まったのでテーブルをアームレストから出しました。他のクラスの無機質なテーブルではなく、大理石調の高級感を感じさせるテーブルで広々としています。

JAL国内線ファーストクラス、機内食

 そして楽しみにしていた機内食。俵包みご飯、味噌汁に、鰤、そうめん、野菜の煮物、デザートはリンゴのコンポートと、ワンプレートで量は控えめながらも、国内線でもこれだけのものが出るのだなと驚き。昔食べたスーパーシートの機内食とは大違い。しいて不満を言うなら、小鉢の料理が暖められていなかったのと、デザートがプラスチックの器で高級感に欠けた事ですが、美味しくいただき満足でした。飲み物も同時にいただいたのですが、さすがにシークワーサはやめて、お勧めの飲むトマト酢にしました。余談ですが、食事を採らなかった人には、小さな紙袋に入ったお土産(多分お菓子)が配られていました。当たり前のようにファーストクラスを選ぶような人は、食事どうこうで損得は考えないのでしょうが、配慮を感じました。

JAL国内線ファーストクラス、食後のコーヒー

 食後にはコーヒーを勧められました。勧め方は仕事を集約してまとめてというより、どことなく個人のペースに合わせて勧めてくれてる感じがしました。JALは「JAL CAFE LINE」として、最近コーヒーにも力を入れていて国内線ファーストクラスではエル・サルバドル産のブルボン・パラァという品種との事。さっぱりとした爽やかな感じのコーヒーでした。

 隣の席とは高い仕切りで仕切られていたお陰で、隣の人の存在があまり気にならず過ごせました。カクテルトレーも、完全に分離されていて遠慮無く使えました。クラスJや多くのビジネスクラスのシート(経験は乏しいですが…)は、カクテルトレイは隣席と共用で遠慮しがちになるので、結果、テーブルを出す事になり、そういう時は足を組めないとか姿勢に不自由を感じるので、使いやすく気が利いています。オーディオのコントローラーがカクテルトレイの傍らにあり、無理の無い使いやすい位置で機能的に出来ていると思いました。

 食後、席をリクライニングして雲をボーッと見ながらくつろいでいると、もう降下が始まり伊丹空港に着陸しました。

大阪・伊丹空港に到着したB777-200

 とても快適で寛げましたが、1時間10分のフライトではじっくり堪能できたという気分がしません。JAL側のせいではないのは言うまでもないですが。中部線に国内線ファーストクラスが入る望みはゼロ以下なので、今度は北海道に行く時に羽田経由にし、ぜひ満喫したいものです。


 さて、これで50000FOP達成、修行の完遂、すなわちマニア用語的には「解脱」を果たした事になります。降機した時に修行はこれで終わりと思い、これまでのハードな搭乗がふと過ぎり安堵のため息を漏らしましたが、意外と淡々と受け止めていました。12/1日現在、ログイン後のマイページ上では今回搭乗分のFOPがまだ反映されていなく、JMBサファイアは確定しても、何よりも最終目標であるJGCの審査に通りまだ入会できた訳ではないので、手放しで喜ぶにはまだ早いと言った心境もあるからだと思います。

 修行の終わりを強く実感したのは、マイページで予約フライト一覧がきれいに消えて無くなっているのを見た時です。9月以降、宮古やら那覇やら一覧を賑わしていたのを思い出し、不思議と一抹の寂しさを感じずにはいられませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
※「JAL」または「JAL修行」に関連する記事(日付は掲載日)
B787、JAL007便・ボストン‐東京・成田線ビジネスクラス搭乗記(1)(2012.9/9)
JMBクリスタル到達(2011.11/12)
JAL修行始動!~JALグローバルクラブ(JGC)への道(2011,10.25)

カテゴリー: エアライン・空の旅 | コメント(1) | トラックバック(0) │2011/12/02(金)03:21
関連タグ: JAL修行, 国内線ファーストクラス, 機内食, 空港ラウンジ, JGC, クラスJ,
FC2Blog‐テーマ:飛行機/フライト/機内食

コメント

はじめまして

突然のコメントですが、訪問した足跡を残させてもらいます。

JALのサファイア修行、大変楽しく読ませてもらいました。
サファイア到達、そして「解脱」おめでとうございます。
早晩、無事にJALグローバルクラブに入会されて、「最終解脱」される日も近いのではないでしょうか。

ちなみに、私は今年、日本発着の欧州路線を(やむを得ない都合により)年間4回、びゅんびゅんと往復したので、気がつけば、往復3回目でクリスタル到達、4回目でサファイアに到達し、図らずも解脱してしまいました・・・・。

また空の上でもお会いした際は、仲良くしてやってください。
また来ます。

2012/01/22(日)16:21| URL | サプサン #-[ 編集]

コメントの投稿

,  




,    |

作成者

solano

{solano}
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

twitter

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。

記事検索