スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Delta Cafesのある風景

 今までデルタと言えばデルタ航空くらいしか思い浮かばなかったのですが、ポルトガルに行って以来、そんな固定概念はすっかり覆されました。

 ポルトガルでは街中にカフェが至る所にあり、日本円にして100円程度の金額でエスプレッソを気軽に飲むことができ、現地の人が胸くらいの高さのショーケースをカウンター代りに立ち飲みしている姿をよく見かけます。テーブル席ももちろんあるのですが、立って一杯の人も多く、足腰があまり丈夫でなさそうなおばあちゃんが、カウンターに寄りかかってデミカップを傾けているのを見ると、立ち飲みが文化として定着しているのだなと感じます。ショーケースの中には各種サンドイッチがあったり、特にパステル・デ・ナタとかポルトガルの庶民的なお菓子が豊富に並べられるのが日本人の私には珍しく、ついついでに一つと注文してしまします。

 そんなポルトガルのカフェでよく目に付いたのが、デルタカフェ(Delta Cafes)というポルトガルのコーヒーメーカーのロゴです(cafesのeは上に小さな斜線が載っているe)。ポルトガルではかなり有名なメーカーのようで、日本で言うならUCCやKey Coffeeのような感じです。恐らくデルタカフェの製品を採用しているカフェに、ロゴの使用が許可されたり、ロゴ入りの備品が供給、販売されるのでしょう。


デルタカフェ2

サンタレン駅駅前のカフェ。看板とビニール製の日よけにロゴがあります。


デルタ・カフェ

ポルト・カンパーニャ駅のカフェ。駅舎横にあるのですが、カフェースペースはロゴ入りの仕切りで区切られていました。朝早く営業時間外でした。


デルタカフェ3

世界遺産の街、シントラのカフェで。他のカフェでは赤い三角形のロゴ入りのカップもありました。


デルタカフェ

ポルトのポリャオン市場内のレストラン。


デルタカフェ4

リスボンにて。市電28番に乗っているとデルタカフェの配送用バンが横を走り抜けて行きました。

写真には無いですが、リスボンで泊まったホテルの客室のコーヒーセットがデルタカフェのものでした。


公式サイト;Delta-cafes 

コメント

非公開コメント

solano

(Twitter: @solano14)
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

記事検索

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。