JAL本州‐那覇ピストン&タッチ修行

 またJAL・JGC修行の旅をしてきました。今回はピストンと言われる往復修行に加え、着いたらすぐに引き返す「タッチ修行」の要素も含んだミックス型の修行となります。前回の宮古‐那覇のような短区間と違い、那覇空港と本州の空港を日帰りで2往復するハードな修行です。総搭乗時間は実に10時間近くに及びます。ヨーロッパなら、モスクワ、ヘルシンキまで行ける時間で、そう考えるだけでも疲れた気分に…。
 
セントレア国内線、エアラインラウンジ
 前回の宮古ピストン修行のおかげで「5回乗ったら国内線ラウンジ利用キャンペーン」で期間限定でラウンジを利用する資格を得て、フライト前にくつろぎます。中部国際空港・セントレアでは全日空との共同ラウンジ「セントレアエアラインラウンジ」になっています。国内で飲食物はビール、ウィスキー、ソフトドリンク、あられ、チョコレート程度しか無かったですが、カードラウンジと違い保安検査後にあるので、搭乗直前までくつろげました。でも、窓が無くできれば駐機場や滑走路に面した側に設置して欲しかった…。出発便が集中する朝で、この写真の10分後には結構混雑してきました。

スタートは前回、散々お世話になった日本トランスオーシャン航空(JTA)の那覇行き251便。またJTAのB737だな思い搭乗口まで行くと、JALの子会社・JALエクスプレスのB737-400でした。同じJALグループという事で何かと融通しあっているのでしょう。内装や座席配置も同じでした。

JTA251便那覇行きでサービスされたちんすこうとコーラルウェイ割引券
 ベルトサインが消えると、「JTA中部‐那覇便のお客様に」という事で、ちんすこうとJTA直営の売店「コーラルウェイ」の割引券が配布されました。修行でJTA中部‐那覇便に4回乗りましたが、こんなサービスがあったのはこの便だけでした。ちょっとでも嬉しいですね。そしてこの後に、ドリンクサービスだったのですが、前回は、シークワサーと、緑茶位(あと1種類あったかも…)しかもホットドリンクが無く、ホットコーヒーが無いのを物足りなく思ったのですが、この便では、コンソメスープ、ホットコーヒーがあり、冷たいドリンクも前回より種類がありました。JALエクスプレスは今年になって、JAL便として運行されているので、JALに基準を合わせていて、今回JALエクスプレス機材だったからこうなったのでしょうか…?…と言いつつも、結局選んだのはシークワサーでした。やっぱり沖縄となるとシークワサーを飲みたい気分になります。

jta251
 朝のまぶしい光を浴びながら沖縄を目指します。ドリンクを飲み干してしまえば席を倒して寝る体制に入りました。クラスJ席は+1000円と考えると快適なのですが、レッグレストが中途半端なのが返す返す残念!

続きを読む

JMBクリスタル到達

JALマイレージバンク「FLY ON プログラム」で11月にようやく「JMBクリスタル(CRYSTAL)」を達成しました。ワンワールドエリートステイタス的には「ルビー」です(ややこしい!)。
JALマイページ、クリスタルの表示

 30.000FOPに達したのが9月の初めで、ステイタスに反映されるのが翌々月というルールなので約2ヶ月掛かり待ち遠しく余計長く感じました。JMBクリスタルのこれと言ったメリットは50%マイルUPボーナス位しかなく、ステイタスの中ではいちばん下のランクなのですが、最初の到達点という事で素直に嬉しいです。赤いステイタスのマークが輝いて見えます。その下のお知らせ欄(肌色の部分)でいくつか気になる表示が出ています…

続きを読む

JAL・JTA、沖縄宮古修行

 ついにJAL修行デビューの日が来ました。目的地は沖縄と宮古島です。今回はほどんどがJALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)のお世話になります。(※前の記事:「JAL修行始動!~JALグローバルクラブ(JGC)への道~」)

 中部-沖縄間は国内でも長距離路線のため、スーパー先得など割引運賃でも多くの「FLY ON ポイント(FOP)」が溜まる路線です。宮古-沖縄は短距離なのですが、9月より同路線に参入したスカイマークエアラインズが格安運賃をぶつけてきたため、JTAも対抗します。同区間の普通運賃は18000円位なのですが、最安運賃帯の先得の3000円台はもちろん、もう1段階高いカテゴリーの特便割引でも3000円後半~5000円と破格で、この秋、JAL修行僧から最も熱い視線を集めている路線です。更に先得系運賃と違い、特便割引ではFOPボーナスキャンペーンで1フライトごとにプラス400のFOPが付きます。なので名古屋-沖縄間はスーパー先得ですが、沖縄-宮古間はFOPが付く特便割引3を選びました。特便でもなぜ安い「7」じゃなく「3」にしたかは意図があっての事ですが、その話は後の記事で…

中部国際空港に駐機するJTA255便、B737-400
 旅立ちは遅めの14:35発JTA255便、中部-那覇で。旅行する時はいつも朝早く出て1日をフル活用するのですが、スーパー先得で午前便が1万7000円位するのに対し、この便だと1万1000円!FOPボーナスキャンペーンの+400FOPこそ付きませんが、それでもFOPが1457も稼げだので、お得と言えます。

JTA255客室、普通席。
 機内に入ると微妙な古さを感じさせました。B737-400はついこの前導入したかのように思いますが、よく考えればもう10年以上は経っているのでした。緑のシートは経年劣化もあり色が若干煤けた感じになり、機内に重い雰囲気を与えているような…。この機材はクラスJが無かったので普通席の利用となりました。

JTA255便の中で食べた駄菓子
 空港で買った駄菓子と、ドリンクは沖縄らしくシークワーサー。普通席でしたが、隣は空いていたのでそこそこ快適で、お菓子を食べてしまうと後はほとんどの時間を寝てすごしました。Meijiのチョコベビーって懐かしいです!

JTA255便の中で食べた駄菓子
 そしてほぼ定刻の16時50分位に那覇到着。降機してボーディングブリッジを渡ると、出発待合所に!出発客と到着客の導線は分けられいる事が多いのですが同じで驚きました。那覇空港国内線ターミナルは大きいのですが、右側がANA、左側がJAL・JTAと別ターミナルと言っていい分けられ方をしているので、意外とコンパクトにまとまっている感じで、乗り継ぎも容易でした。

 那覇市内のホテルを取ってあるのですが、ホテルに入るには少し早いので、那覇空港に着いたついでに行きがけの駄賃とばかりに、ちょっくらちょっと宮古往復をこなします…

続きを読む