K10Dのホワイトバランス考~私に合った設定は…?~

 ペンタックスK10D…、いえ、初めてデジタルカメラを手にし、初めてホワイトバランスというものに直面します。でも、リバーサルフィルムをフィルムスキャナで取り込む時、色が転んでいるものを、より自分の記憶する色に、あるいは好みの色に近づけていくため、色を修正するという作業は常にしていました。ですので、色を訂正していくという意味では、ホワイトバランス調整的な事は頭の中でしていたので、厳密に言えば全く初めてとは言えないかもしれません。
 蛍光灯など様々な光源、日陰、曇天での色被り、はたまたフィルムの発色の癖などに囚われず、フィルター要らずで、より適切な色に近づける事ができるデジタルカメラのホワイトバランスは魅力的な機能で、私はこれがデジタルカメラの最大のメリットなんじゃないかと思っています。

 以下に、実際にK10Dで撮影した画像を展示し、ホワイトバランスについて、あーだこーだ述べてみます。画像はRAW(PEF)で撮影したものを、付属のRAW現像ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory3」で現像し、いったんTIFF-16で保存し、フォトショップエレメンツでブログ掲載用にリサイズし、アンシャープマスクを掛けました。[ ]内はホワイトバランスの種類です。

続きを読む

初デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K10D 」(1)~銀塩カメラとのギャップ~

 発売日にめでたくペンタックスK10Dを購入したものの、あまり使う機会が無かったのですが。先日、兵庫方面(主に北条鉄道の駅撮影)に行き、ようやく「使った!」という気分になる事が出来ました。

 そこで、私なりにK10Dの使用感を書いてみます。レビューというより、銀塩ユーザーの私が、初めてデジタル一眼レフを使っての感想という風になってますが。

北条鉄道、法華口駅

続きを読む