富士フィルム X-T1 & XF18-135 買いました。

 富士フィルムのミラーレス一眼・X-T1と、新発売になったXマウントの高倍率ズームレンズ・XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRを買っちゃいました!

 私は元々、フィルム一眼レフのMZ-3以来のペンタックスユーザーだったのですが、カメラの重さが堪えるようになって、もう少し軽快なシステムを組みたいと思うに至るようになりました。

 2月に発売になった防塵防滴のミラーレス一眼、X-T1は気になって仕方のない存在でした。そして、7月にXマウント初の防塵防滴レンズとなるXF18-135mmが発売され、遂に購入に至りました。

フジフィルムX-T1 + XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

 やはりAPS-Cサイズ撮像素子を搭載しながら、フィルム一眼レフ並みの小ささ…、特に厚みが薄いのは、大きな魅力です。とは言えXF18-135mmは、ペンタックスのDA★16-50mmより一回り小さいだけで、高倍率ズームとは言えかなり大きく、X-T1の軽さをスポイルしている感が…。しかし、それでもK-5+DA★16-50より300g以上も軽く、持った時のバランスは良好です。

 EVF(電子ビューファインダー)は、光学ファインダーのナチュラルさにはさすがに敵いませんが、倍率は大きく、表示のズレもほとんど無くとても見易く思います。

購入後、2回撮影に出る事ができたので、等倍画像を掲載しつつ雑感を綴っていこうかと思います。



>>[富士フィルム X-T1 & XF18-135 買いました。]続きを読む

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(0) │2014/07/20(日)00:58

TENBA P415を買った!

カメラバッグ遍歴の末…

テンバ P415(TENBA P415)というカメラバッグを買いました。

カメラバッグ、テンバP415(TENBA P415)

 カメラ・写真の趣味を始めて20年を過ぎるのですが、ショルダー型、リュック型など、十数個ものカメラバッグを買ってきました。これならもっといいかもと思っては次を買ってしまうという悪循環(笑)だったのですが、裏を返せば高い満足感を得られたモノがあまり無かったとも言えます。いいと思って買ってみたけど、実際使ったらここがダメだったと思う事もしばしば。中には概ね満足できた製品もありますが…。

 そんな私のカメラバッグ遍歴の中で、一番満足できたものが、アメリカのメーカー・TENBA(テンバ)が作ったP415というショルダー、メッセンジャーバッグ型の製品でした。約15年位前に買ってずっと使い続けていたのですが、数年前、さすがにへたって来ているのに気付き、買い換えようと思ったら、廃番になっていた事を知りました。



>>[TENBA P415を買った!]続きを読む

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(0) | トラックバック(0) │2014/01/16(木)22:33

ソニー・サイバーショットRX100を買った。まずは設定を…。

 ハイエンド、または高級コンパクトデジタルカメラと呼ばれるカテゴリーのデジタルカメラが欲しいと思い続けていたのですが、遂にソニーのCyber-shot RX100(型番:DSC-RX100)を購入しました。
ソニーのハイエンドコンパクトデジカメ、RX100
(SONY RX100。純正のカメラケースに装着)

 ペンタックスのk-5などペンタックスのデジタル一眼をメインに使っているのですが、駅舎みたいにあまり気合を入れる必要が無く軽快に撮りたい場合や、日常の持ち歩きにコンデジが欲しいと思っていました。最近はカメラの重さが身にしみるようになってきたという理由も結構大きいのですが…(笑)
 また近年は「ハイエンド」、「高級」と呼ばれるカテゴリーのコンデジが増えてきて、興味を持って見ていたのですが、その中からコレだと思いRX100を選びました。やっぱり普通のコンデジの何倍も大きい1インチという撮像素子は、一眼画質は妥協はするけど、やっぱり画質には拘りたいという絶妙な線を突くとても魅力的な製品に映りました。にも関わらず他のコンデジ並みに小型なのは一眼のサブとしても併用できそうです。

 到着してまだ2日なので軽くいじった程度です。まあAモード(絞り優先)しか使わないだろうからと思いながら、初めてのコンデジに戸惑いは隠せません。特にこれまで使ってきたペンタックスのデジタル一眼と操作感などをつい比較してしまいます。「RAWボタンは?」「ISO感度をオートに戻す緑ボタンは?」「シャープネスとか画質設定は?」とか…。背面のMENUボタンから各種設定に辿り着く事は出来るのですが、一々そんな事をしていたら煩わしいので、マニュアルを見ながらボタン操作部分を中心に好みの設定にカスタマイズしてみました。

>>[ソニー・サイバーショットRX100を買った。まずは設定を…。]続きを読む

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(0) │2013/02/19(火)22:29

最近、カメラが重くなってきたし、機材やシステムでも変えてみようか…

これが私の主力カメラ・レンズとなっているペンタックスのK-5とDA★16-50F2.8で、旅ではこの組み合わせが最低構成です。
私の愛機、ペンタックスK-5とDA★16-50F2.8
レンズはその時の気分や目的によって、他に1~2本持っていきます。その結果、K-5とDA★16-50だけで1kgを越え、選んだレンズによりさらに重さは増します。カメラ・レンズ以外でも時刻表、傘、泊まりの場合は洗面用品など他の荷物もあり、重量も嵩も結構な量になります。荷物の量は以前と変わらないのですが、たぶん歳を取ったせいで、疲れがのしかかると重さが余計に身にしみるようになってきた…という事なのでしょう。
 
 加えて、最近、何となく撮っておきたいけど、カメラバッグから大仰にデジタル一眼を取り出す程でもなくめんどくさいなあと感じる場面が増えてきたように思います。そういう場合はもっと気軽に撮りたかったなと思いつつ、結局撮らない事もままあります。
 携帯のカメラも近年は画質が向上していて、私が持っているGALAXY noteのカメラ機能も意外と写るので、それで気軽に済ます事も増えてきました。しかし、それでも「されど携帯」でまだまだ物足りなく、操作性も面倒に感じます。

 …と最近は撮影に関する心境の変化から、ペンタックスのシステムをやめてもっと小さなシステムに鞍替えしようか、あるいは20年以上続けてきた一眼レフカメラでの撮影というスタイルを止めようとか、色々と思い巡らせてきました。

>>[最近、カメラが重くなってきたし、機材やシステムでも変えてみようか…]続きを読む

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(5) │2012/10/01(月)22:29

PENTAX K-x ミニチュアマスコットで遊んでみた

 「ペンタックス K-x ミニチュアマスコット」なるガチャガチャ(またはガチャポン、カプセルトイetc...)のおもちゃが発売になりました。我がペンタックスのデジタル一眼レフをモデルにしたガチャガチャなのでとても興味がありました。ただ身近にがちゃがちゃを置いてある所は無く、名古屋近辺ではどこに行けばあるのだろうと考えました。この前、栄に出掛けた時、ありそうな所に寄ったのですが見つけられず。ならばゲームセンターやおもちゃ屋がありそうな、大型ショッピングモールならばと足を運んだら遂に巡り合いました!

ペンタックスK-xミニチュアマスコット

>>[PENTAX K-x ミニチュアマスコットで遊んでみた]続きを読む

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(2) | トラックバック(0) │2010/11/12(金)04:03

PENTAX K-5買った!

10月15日に発売になったペンタックスのデジタル一眼レフの上位機「PENTAX K-5」を買いました。
ペンタックス公式サイト、K-5製品紹介ページ
ペンタックス K-5

 K10Dを落下させ壊し、予定外にK20Dを買う事になり、更に予定外にK-xコレジャナイロボモデルを買い、K20DとK-xの併用体制が続いていました。K-xはK-20Dよりも後に出た機種だけあって、ホワイトバランスのより正確さ、倍率色収と歪曲の自動補正、そして何よりも高感度画質など、エントリークラス機ながらもより利点が多く、画質という面ではK20Dを越えていたかもしれません。だけど個人的にはファインダーの見易さ、2ダイヤルある(K-xが1ダイヤル)、レンズを装着した時のバランス、適度な重量と大きさがあるためしっかりホールディングでき手振れ補正機能もあいまってブレた写真が減るなど、個人的にはK20Dの方が使い易く思いました。あと何と言っても雨でも気にせず使える防塵防滴構造への安心感は大きく、天気予報が悪いとK-xを持って行くのを躊躇し、K20Dを選んだ事もありました(今年2月、旧正月の香港の時など)。だから個人的な総合評価はK20DとK-xはほぼ同等と言った所です。

 K-xのいい所と、上位機の使いやすさやK-7の先進の機能を取り入れたペンタックスK-7後継機を待っていたので、どんな機種でも飛びつこうとは考えていました。なので発表数日後に予約して発売直後にめでたく手に入れました。視野率100%のファインダー、自動水平補正機能、DR(ダストリムーバル2)、電子水準器、構図微調整と言ったK-7に取り入れたら機能を引き継いだ事はもちろん魅力なのですが、個人的に「おおっ!」と思ったのが・・・

■USERモードの登録が5つまで出来る。
K-7までは1つでした。K-7のトーク&ライブの時にUSERモードはもっとあった方がいいと要望していたのですが、願いが叶いました。更にいいのが設定ごとにカスタムイメージのシャープネスなど個々の設定、ISO感度、ノイズリダクション(NR)、ハイライト・シャドー補正などK20Dと比べるとかなり細かい事までいじれます。例えば低感度で解像感を強調設定、ダイナミックレンジ重視設定と変えたり、高感度域ではシャープネスを弱めNRを掛けノイズを目立たない設定にするという事ができます。RAWで撮れば関係無いのですが、旅行で撮影してきた何百枚の画像を全てRAW現像するとなるとかなり大変なので、JPEGで済ませられるものがあれば済ましたいです。
ただやや残念なのがUSERモードを替える操作が煩雑な事です。電源を入れた後は立ち上がった画面ですぐに変更できるのですが、撮影途中で替えるようとすると、数ステップのボタン操作が必要なのが面倒です。私は絞り優先で撮影する事がほとんどなので、ユーザーが個人的に使わないモードをUSERモードとして割り振れたら便利だと思います(例えば私の場合だと、P、Sv、グリーンモード、TAvとか)。

■14bitRAWの採用。
ペンタックスの35mmデジタル一眼レフでは初です。12bitRAWとたいして違わないという説もありますが、RAW現像をより高画質に仕上げられる可能性を秘めているような気がします。

■高感度画質と最高感度の向上
これがK-5でいちばん歓迎されている点なのではないでしょうか?最高感度はK10DではISO1600、K20Dでは6400、K-xでは12800ですが、K-5ではISO51200という超高感度!夜のスナップが気軽に軽快にできそうです。私は決して高感度至上主義ではなく、むしろ高感度画質≒デジタル一眼レフの評価という風潮に疑問を覚えていますが、だた高感度画質が上がる事は素直に嬉しく思います。まあ、私は高感度に関しては複雑な感情を持ち合わせいるのは自覚していますが(笑)。ISO10000以上の超高感度画像が鑑賞に耐えるかどうかは別ですが、撮影できる場面が広がるのは嬉しく、夜行列車の車窓風景なんてものも撮影できそうです。

あと・・・
■ISO感度下限がISO100(拡張時ISO80)になった。
■高感度ノイズリダクションが感度毎に、オフ、オート、強弱など設定できる。
事などが嬉しいです。

動画とか連写速度とかはどうでもいいです。
まだ、夕方~夜間にしか使っていないのですが、下旬にちょっと旅に出るのでその時にじっくり使ってきます。

最後にK-5,ISO51200のサンプル画像です。(それぞれクリックで拡大します)

(DA★16-50、1/40秒、F4、NRオート、16M、画質:JPEGEプレミア)
※ブログの画像サイズ制限のため縮小。
ペンタックスK-5、iso51200(縮小)


上記画像の等倍切り出し画像。
ペンタックスK-5、iso51200(等倍切り出し)

等倍で見るとさすがにノイズまみれで見られない画像です。夜間のやや遠景、超高感度という難しい条件のため曖昧な画像で、どこにピントが来ているかも解らなくむしろ外しているかも(笑)
そうは言っても、こういう画像が撮られるようになったのは凄いと思います。

で、鉄っちゃんにとっては、この画像がどこかという事の方が気になる事と思いますが、次ぐらいにネタにしようと思います。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(3) | トラックバック(0) │2010/10/22(金)03:46

「CP+」ペンタックスブース

 カメラ・写真の一大イベント「CP+(シーピープラス)」 に行って来ました。
毎年3月はカメラ・写真イベントが日本国内で開催されていて、前年まではフォトイメージングエキスポとして行われていました。しかし参加業界団体の変更があったとかで、今年はCP+として開催されました。前身の前身くらい、古くは名古屋でも開催されていたのですが、現在では首都圏でのみの開催となり、会場は去年の東京ビッグサイトからパシフィコ横浜に変更になりました。

 ペンタックスユーザーとしてやっぱり気になるのがペンタックスのブース。特に今年は中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」の発表直後とあって、例年に無い盛り上がりとわくわく感を感じます。

CP+ペンタックスブース

 今年のペンタックスブース。ここ数年、HOYAの吸収合併による会社としてのペンタックス消滅、カメラ事業さえ怪しいのではという不安など、ファンの間で悲観的なムードも漂っていましたが、よく645Dの発売まで漕ぎつけたなと思います。中判は風景写真などプロやハイアマチュアによく使われるなど一定の地位はあると思います。しかし風景写真においても35mmフルサイズデジタル一眼を使用する写真家も多くなり、市場は35mm判に比べ小さく、発売したからといって大きな収益になるかどうかは?に思えます。にもかかわらず一度は中断した開発を再開させ発売まで漕ぎつけるなんて、まさに「IMPRESSION & CHALLENGE」です。645Dのロゴが入ったポロシャツを着ているスタッフも活き活きとした感じがします。


ペンタックス645Dスケルトンモデル

645Dのスケルトンモデルが展示されていました。他に装着したレンズごと真二つにしたカットモデルもありました。


参考展示されていた645D用広角レンズ

参考出品されていた645D用の広角レンズ。何mmかはわかりませんでしたが、大きくて前玉が飛び出ていて、結構ワイドな焦点距離なのでしょうか。


645Dタッチ&トライコーナー

 645D実機を試せるタッチ&トライコーナーは大盛況。35mmフルサイズ撮像素子より1.7倍も大きなCCDを搭載したデジタル一眼レフだけあって、カメラマニアの645Dへの関心は非常に高いようで、順番待ちの行列が出来ていました。


ペンタックス645D,D FA

 ついにペンタックス645Dと初対面。レンズには同時発売となる「smc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF]SDM AW」が装着されています。持ってみた印象は「意外と軽い」です。他社35mmフルサイズデジタル一眼と比べて、びっくりする程の差は無い感じ・・・。ただ旅行で一日中持ち歩くと相当堪えるのでしょうが。ファインダーはさすがに巨大で見やすい。ファインダーに定評があるペンタックス35mm上級機とはあたりまえですが別世界。ミラーショックは静か。手振れ補正SR(シェイクリダクション)は付いてないですねと聞いてみると、「撮像素子が大きくてその分動きも大きくなり…なんとかで。でもこれからの研究課題です。」と・・・。画像の持ち出しは出来ませんでした。しかし写真家、吉村和敏氏の藁葺屋根の古民家の大伸ばしした作例が展示されていました。細かい所が無理なく解像されていて、木の壁面なんかも小さい部分しか写っていないにも関わらず質感がよく出ていると思いました。
 645D本体の価格が80万円台、D FA645 55mmが10万円前後と頑張った価格設定で、手にしてみたいと思いますが、さすがに気軽に買える値段ではなく宝くじにでも当たらなければ買う事は無いでしょう。でも一ペンタックスファンとして645Dの成功を楽しみにしています。

その他にも色々と展示されています...

ペンタックスK-7リミテッドシルバーとFA43mmリミテッド

 PENTAX K-7 リミテッドシルバー。3月13日に発売になったばかりの1000台限定のスペシャルカラーです。FA43mm Limitedシルバーがよく似合いかっこいいです。K20Dでもチタンカラーなんて限定カラーもありました。このテのスペシャルカラーは発売から時期が過ぎた製品に再び話題性を持たせる手法なのでしょうが、ペンタックス上級機を待っている者にとっては新発売時に同時にやってほしいなと思います。一応、要望しておきましたが・・・。
 あと新しいレンズロードマップは出ないかと聞いてみたのですが、「ありません」と寂しい回答・・・。ロードマップが出て、実際に発売が決まって買う買わないかは別にして、新しいレンズが計画されていると思うと楽しみでわくわくします。

ペンタックス K-x、100色展示

 そしてペンタックスK-x。オーダーによる100種類のカラーバリエーションがカメラ業界以外にも話題になりました。100色を眼前にすると壮観です。CP+会場内でも白、茶色などいろいろなK-xを持っている人を何人か見ました。

PENTAX K-x 100colors,その1

PENTAX K-x 100colors,その3

PENTAX K-x 100colors,その2


 かくいう私もK-xのコレジャナイロボモデルを持っています。今回の旅でも持っていったのですが、ペンタックスブースで持っていると、スタッフの方が「あ、コレジャナイロボモデル」とか「実際に使っている人を初めて見た」とか相当珍しがられました。中には「これ私が企画したんですけど、使ってくれてる人に会えて嬉しいです」と喜んでくれる方まで。
 K-xコレジャナイロボモデルは面白半分で買ったのですが、K-xのキャッチフレーズ「ハイスペックをカラフルに楽しもう」の通り意外と性能が高く、多少の不満はあるものの、とりあえずはメインカメラになってます。悪天候時用のK20Dとの2台体制が当分続きそうです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

カテゴリー: カメラ・写真 | コメント(0) | トラックバック(0) │2010/03/15(月)21:53

作成者

solano

{solano}
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

twitter

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。

記事検索