こんなペンタックス・デジタル一眼レフカメラ上級機が欲しい!

 PENTAX K20DがK10Dに比べ、単なるマイナーバージョンアップに留まらず、高感度画質の向上、ダイナミックレンジ拡大機能の拡大等の性能アップを果たし魅力的と感じながら、購入はグッと我慢しています。まあK10Dを買って一年そこそこなので、買い換えるにはまだ早いと考えているのはありますが、それ以上にK二桁の上位機、もしくは次に控えるK20D後継機に期待しているからです。
 
 2年程前のペンタックス社員の方へのインタビューで「ハイエンド機は必ずやる」という頼もしい一言があり、K二桁を上回るデジタル一眼レフが出るのが期待されます。ま、HOYAの吸収前の記事ですので、今はどうなっているか解りませんが…。例えハイエンド機が無くても、K二桁の後継では、K10D→K20Dの時より、ハード的部分が刷新されたものが出るだろうと期待が持てます。

 で、私がどんな機種が欲しいかと言うと…。注文を付ければキリが無いので、優先順位を付け、
特に高いものを「◎」、その次に高いものを「○」としました。

◎ダイナミックレンジの向上。というか撮像素子側による根本的な改良。
◎視野率100%のファインダー。
◎高感度画質の向上。
◎14bit、もしくは16bit RAWの採用。
◎上記の性能を実現するなら、画素数はK20Dと同程度か少なくてもいい。
◎倍率色収差、パープルフリンジのカメラ内補正機能
○大型撮像素子の採用
○できれば軽く。K10Dの+100g程度で。
○連写性能の向上。

 闇雲な高画素化を目指すのではなく、画質に直結する部分の改良に重点を置き、画質の向上を図って欲しいというのが基本的な要望です。
 ダイナミックレンジの向上はK20Dにその機能が搭載されていますが、撮影後にカメラ内の処理でダイナミックレンジを拡大したと見せかているに過ぎず、フィルムに比べデジタルカメラのダイナミックレンジが狭いのは相変わらずのようです。DR拡大機能はISO200からしか使えないとか、状況によっては暗部にノイズが目立ちやすいなどのデメリットもあるようです。
 ファインダーは今でも不便は感じないのですが、上級機らしくより上を目指して欲しいです。ペンタプリズム部がNikonF6みたいにごっつくなるのは全然かまいません。
 高感度画質はより改善して欲しいです。できればISO800まではためらい無く使いたいです。やはり、旅行で三脚無しで行動できるのは、フットワークが軽くなり私にとって大きいです。
 連写速度やレリーズタイムラグと言った、速写性やレスポンスの改善は、私の撮影スタイルではK10Dで不満は無いので、ダイナミックレンジの拡大や、14(or16)bit RAWを実現するためなら、個人的にはまあいいかなと思っています。ただ、連写速度はK10Dの頃から多くのユーザーが不満を訴えているので、ハイエンド機やK二桁機で全く改善されないとなると、ペンタックスは要望を聞く気があるのかと疑ってしまいそうです。
 大型撮像素子採用機…、フルサイズ機はやっぱり欲しいです。あと、K20D発表前にweb上で、APS-Hサイズの撮像素子が搭載されるという噂があったのですが、個人的にはとても面白いじゃないかと思いました。駅舎をよく撮影しているのですが、大抵、横長の建物のため、画面上に空や、下部に地面とかが余分に写り込んでしまう事が多く、何か損している気分になってました。アスペクト比9:16のAPS-Hサイズなら、無駄が少なく駅舎を撮れそうですし、風景でもよりワイド撮影できそうです。

 今年はフォトキナの開催年で、翌年には1月あたりにPMA、3月にフォトイメージングエキスポと言った、カメラ・映像関連の見本市が続くので、それらのイベントで華々しく発表するため、上級機の開発は進んでいるかもしれません。もしかしたら、試作機が既に完成し、開発は最終的な詰めの段階に入っているかもしれませんね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

ヨーロッパ旅行、カメラ・写真ネタ

 カメラ好きの私は、もちろん今回のヨーロッパ旅行にもカメラは欠かせません。同僚には「写真を撮りに行ったの?」と聞かれる位で…。まあ、近からず遠からずなんですけど(笑)

 もちろん持って行ったカメラは現在の我が愛機、ペンタックスのK10Dです。レンズは何本か持っているのですが、今回は「DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」と、「フォクトレンダー APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL」の2本に絞り、殆ど前者を使用しました。もうちょい、広角側と望遠側が欲しいなという場面はありましたが、DA★16-50の焦点域で、ほぼ私の撮影シーンをカバーしていますので、街歩きや観光の際の荷物の軽量化を重視し、あえてレンズの数を減らしました。

 で、今回の撮影では、K10DとDA★16-50の防塵防滴コンビに本当に助けられたなと痛感しました。日程の中後半の、フィレンツェ、ローマ、パリでは雨撮影を楽しむ事ができました。これが今までなら、一瞬、自分とカメラを雨に晒し、急ぐように撮影するとすぐに軒下に逃れ、カメラやレンズを拭き、カメラバッグにしまうなど、雨に気を取られながらの撮影でした。カメラ用のレインカバーも販売されてに降らる場面も多かったのですが、雨を気にしてK10Dをカメラバッグにしまう事無く、雨をものともせず、街歩きといるのですが、着脱がめんどくさく、カメラの操作性も大きく落ちるため億劫で、持っていても使う事はほとんどありませんでした。K10DとDA★16-50は散々濡らしましたが、もちろん壊れる事無く、しっかりと動きます。両者の購入にあたり、防滴防塵は大きな動機となっていたのですが、その恩恵を最大限に享受しました。
 
 あと、場面によってISO感度を自由自在に変えられるデジタルカメラはやはり便利と実感しました。聖堂の外観をISO100で撮影していて、次に暗い聖堂の内部をISO800で撮影できるのですから…。三脚無しで、柔軟に、フットワークを良く撮影できるメリットは大きいです。高感度域になるとノイズも多くなるのですが、等倍でしつこく細部を鑑賞しない限り、まあまあ見られる写真が撮れるます。私はフィルムスキャナーでリバーサルフィルムをスキャニングする事もあり、フィルムの粒状感に慣れていて、デジタル時の高感度域のノイズを見ても、こんなもんだろうなと納得できます。むしろ、フィルムを使っていた私には、無理してノイズを潰して塗り絵っぽくなったり立体感が失われた画像より、ノイズとディティールを残してくれた画像の方が好ましく思います。あとはRAW現像時に自分で調整するので…。
 自分の感覚でですが、K10Dの感度域毎の画質について、大まかにどう思っているかと言うと…。場面毎に違ってくるので一概には言えませんが。
 ・ISO100~250=完全常用域。
 ・ISO320~500=準常用域。まあ、使ってもいいかなと…
 ・ISO640~1000=撮影条件が厳しい時は、この感度域でしっかり撮りたい。三脚を持ち歩くよりは…
 ・ISO1250~=できるだけ使いたくない。非常用。
高感度域の画質については、今後のペンタックスに期待!

雨が降るローマの夜をK10D+DA★16-50で撮影
(雨に濡れる夜のローマ。PENTAX K10D+DA★16-50F2.8SDM;34mm、F6.3、1/13秒、ISO640)

 ヴェネツィア、ローマ、フィレンツェ、パリと言った有名観光地では、世界中からカメラを持った人がわんさかと押し寄せます。カメラ好きとしては、そんな他人様がどんなカメラを持っているか気になる訳で。そこで、ざっと見て、どこのカメラのシェアが高かったかの、主にデジタル一眼レフカメラを中心とした調査結果を(笑)。やはりニコン、キヤノンが圧倒的に多く、実に9割近くを占め、ややニコンの方が多かった感じ。D80~D40の低価格、エントリー層向け機種が絶好調で、D200、D300という人気の中・上級者向け機種を抱え、昨年、シェアトップだっただけの事はあり、特に前者のクラスの機種を持っている人を多く見かけました。
 その次が我がペンタックス、オリンパス・フォーサーズとでした。そしてソニー・コニカミノルタのαは僅か数人。もちろん、すれ違ったけど私が気づかなかったという場面は多々あったのでしょうが。でも、ヨーロッパ人に記念撮影を頼まれた時、手渡された機種がα100だったりします。超少数派で印象に残ったのは、コンタックスGとキヤノンのフィルムカメラを首からぶら下げたおじさん。あと、中学生ぐらいの現地の少年が、ペンタックスの古いカメラを持っているのを見ました。この少年は父親から譲り受けたのでしょうか?カメラって受け継がれるような息の長い道具だったんだなと妙な感慨に耽りました。
 K10Dを持っている人も見かけました。印象的だったのがトレビの泉で、向こうから来たおじさんが持っているのがK10D。そして、付いているのが金色のラインが入っているレンズ…、そうDA★16-50で、カメラもレンズも私と同じ組み合わせ。ペンタックスユーザーを見掛けても、DA★16-50を持っている人はいませんでした。おじさんも私のカメラとレンズに気づき、すれ違いざまにニッコリ。言葉は通じなく一瞬ですけど、カメラを通じた国際交流をした気分になり、また、国は違うけどペンタックユーザーここにありという仲間意識を感じ、うれしくなりました。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

「PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」ファーストインプレッション

 この前の記事で汐見橋線訪問の事を書いたのですが、この日、大阪に行ったのはもう一つ目的がありました。中古カメラ屋をぶらぶら巡りたいなあと思っていたのと、更にあわよくば発売以来品薄のレンズ「PENTAX DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」をGetできないかなあと期待していたからです。店頭に並ぶのをのんびり待とうか思い、予約は入れていなかったのですが、欲しいと思うと気になりだしました。よく行くカメラ屋で入荷状況を聞いても、なかなか入荷しない状態らしいです。ペンタックスが久々にリリースする高性能レンズ「★(スター)レンズ」だけあって大人気のようです。
 梅田や難波のカメラ屋を回ったのですが、「DA★50-135mmF2.8ED [IF]SDM」は見かけても、どこもDA★16-50mmF2.8は無し…。汐見橋線の旅を楽しんだのですが、ついでの目的とは言えDA★16-50mmF2.8を見つけられなかったのが心残りでした。最後にまだ見てなかったカメラ屋にふらりと立ち寄ると…、棚にDA★16-50mmF2.8SDMがあるじゃないですが!予約の取り置き分かと思い尋ねてみると、売り物との事で、直ぐに押さえて貰い、銀行にお金を下ろしに行きました。もう待ちきれず、地下街で箱からレンズを取り出し、直ぐにK10Dに取り付けました。そして、夜の難波や道頓堀で軽く試写しました。

 以下、私なりのファーストインプレッションと、その時撮影した画像を少々…。画像はRAW(PEF)で撮影、SilkyPixで現像しました。等倍でなくて恐縮ですが…。
  [※ペンタックス公式サイト;DA★16-50mmF2.8ED [IF]SDM 紹介ページ。※ページ中程。]
 PIE2007で触ったのですが、改めて持ってみると、K10Dとのバランスも良く、超音波モーター「SDM」のオートフォーカス(AF)の静かな事!静かで逆に合焦したという実感が最初は湧かなかった程です。世間では超音波モーター駆動の割に、AFが速くないとよく言われているようですが、スポーツ撮影をしない私には十分な速さですし、AFはしっかりと合ってくれています。


難波の高島屋と南海なんば駅
(16mm、f5.0、1/10秒、絞り優先AE、ISO400)
 難波の高島屋。重厚な洋風建築には南海のなんば駅も同居しています。
壁のブロックの継ぎ目も解るなど、解像感は良好に感じました。

道頓堀・かに道楽前
(16mm、f8、1/20秒、絞り優先AE、ISO400)
 道頓堀、かに道楽前で。抜けがいいと言うのでしょうか?クリアで、発色や立体感も良く思います。


道頓堀・くいだおれ人形
(50mm、f2.8、1/25秒、絞り優先AE、ISO250)
 道頓堀のアイドル・くいだおれ人形。ポートレートでよく使われる絞り値と焦点域なのですが、ボケ味はあまり良くないように感じました。まあ、私の一般的な撮影においては、ボケ味命ではないので致命的な問題ではないですが。

 ネット上では、良くない評判も聞かれるDA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDMですが、私の最初の感触では上々でした。あと旅が撮影目的の私にとっては、防塵防滴構造は、K10Dとあわせてとても心強いコンビです。
 今回は夜間という事で高感度寄りでの撮影となりましたが、近いうちに試写で(こじつけとも言う(笑))どこかに出かけて、色々撮影してこようかと思っています。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ

フォト・イメージング・エキスポ2007 ペンタックスブースを見てきた!

 東京ビッグサイトで3月25日まで開催されている、フォト・イメージング・エキスポ(PHOTO IMAGING EXPO(略称;PIE))に行って来ました。ちょうどPIEの開催時期に青春18きっぷが使えるので、ここ数年、毎年見に行っているイベントになっています。以前は、前身のイベントが名古屋でも開催されていたのですが、現在では東京のみの開催となっています。

 やはり1番の楽しみは、我らがペンタックスのブース。K100DとK10Dの売り上げが好調で、高性能レンズのDA★(スター)の発売を控えるなど、まさに波に乗っている感じで、ペンタックスユーザーとしては、とても嬉しく、わくわくしています。


フォト・イメージング・エキスポ2007、ペンタックスブース

フォト・イメージング・エキスポ、ペンタックスブース。トキナー・Kenkoのブースと隣り合わせで、レンズの共同開発を行うと言った緊密な関係を現しているかのよう。正面はライバルのキヤノンのブースで、ペンタックスの2倍以上の広さ。


ペンタックス DA★16-50とDA★50-135

やはり、今回の目玉は近日発売予定の「16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM」と「50-135mmF2.8ED[IF]SDM」の2本のDA★(スター)レンズ。通る人々に大きくアピールするように展示されていました。ペンタックス高性能レンズのスターレンズの復活と、ペンタックス初となる超音波モーター「SDM機構」、防塵・防滴構造の採用で発売が待ち遠しいです。


ペンタックス、現行レンズラインナップ

ペンタックスの現行レンズのラインナップ。Limitedと言った個性的なレンズを擁する魅力的なレンズ群ですけど、ここ数年でFAレンズが大量にディスコンになり、システムとして物足りないのもまた事実。全部買わないファンの身勝手な意見ですけど、現在進行形のカメラメーカーとして、高性能レンズまで、一通りレンズが揃っていた方が、安心感がありますし、選ぶ楽しみもあります。
でも、今年は怒涛の新レンズラッシュのようです。しかも、どこかのウェブサイトのペンタックス社員の方へのインタビューで、「来年はFAレンズのリフレッシュをしたい」という発言が!う~、これは期待大です。本当に期待していいのでしょうか…。色々な意味で。


DA35mmF2.8 Macro limited

今回、参考出品された「DA35mmF2.8 Macro Limited」。ついにマクロレンズにもリミテッドの波が。これに限らず、FA Limitedのデザインや雰囲気の方が、気品があるような気がして好みなのですが…。個人的には「DFA17(~18mm)F2.0Limited.」なんていうのが出来たら、とても嬉しいのですが。


PENTAX K10DとDA★16-50

近日発売の2本のDA★レンズはK10Dに装着された状態で、触る事ができました。私はDA★16-50の方に特に興味がありました。K10Dとのバランスは良く、意外と軽く小さく感じました。SDM駆動のオートフォーカスはやはり静かですね。欲しいなあ…。DA★50-135もちょっと触ってみましたが、35mm換算70-200mmF2.8相当のレンズでありながら、かなり小型軽量です。両レンズの小型軽量さに、APS-Cサイズ撮像素子向け設計の恩恵を感じました。強いてあげれば、プラスチックの質感が安っぽいかなと…。まあ、それは、どこのレンズもプラスチック外装が多いですので、DA★のだけの事ではないのでしょうが。


645DigitalとK10DのCCD比較

ケースの中に、開発中の中判デジタル一眼レフの645Digitalと、搭載されるコダック製の3000万画素CCDも展示されていました。隣にあるのはK10DのCCDなのですが、3倍以上もの大きさの差があります。645Digitalにも搭載されるであろう22bitADコンバーターや画像エンジン「PRIME」と合わせ、どんな凄い絵を出すのだろうと、今から楽しみです。高過ぎて私は買えませんが(笑)


DA★防塵防滴デモ

K10Dと2本のDAスターレンズを水浸しにするという過激なデモが!横にあるボタンを押すと、ザバーと水滴が落ちてきます。防塵防滴構造を備えるコンビならではこそですね。このコンビがあれば、旅行で雨に降られても安心です。16-50は価格が約12万位とやや高く、直ぐには買えませんが、高性能が期待できるのはもちろん、K10Dとあわせて、雨でも気にしないで撮影できるメリットは、私にとってとても大きく、是非とも手に入れたいレンズです。


他のメーカーのブースも見てきたので、今後、気が向いたら書いていきます。

K10Dのホワイトバランス考~私に合った設定は…?~

 ペンタックスK10D…、いえ、初めてデジタルカメラを手にし、初めてホワイトバランスというものに直面します。でも、リバーサルフィルムをフィルムスキャナで取り込む時、色が転んでいるものを、より自分の記憶する色に、あるいは好みの色に近づけていくため、色を修正するという作業は常にしていました。ですので、色を訂正していくという意味では、ホワイトバランス調整的な事は頭の中でしていたので、厳密に言えば全く初めてとは言えないかもしれません。
 蛍光灯など様々な光源、日陰、曇天での色被り、はたまたフィルムの発色の癖などに囚われず、フィルター要らずで、より適切な色に近づける事ができるデジタルカメラのホワイトバランスは魅力的な機能で、私はこれがデジタルカメラの最大のメリットなんじゃないかと思っています。

 以下に、実際にK10Dで撮影した画像を展示し、ホワイトバランスについて、あーだこーだ述べてみます。画像はRAW(PEF)で撮影したものを、付属のRAW現像ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory3」で現像し、いったんTIFF-16で保存し、フォトショップエレメンツでブログ掲載用にリサイズし、アンシャープマスクを掛けました。[ ]内はホワイトバランスの種類です。

続きを読む

初デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K10D 」(1)~銀塩カメラとのギャップ~

 発売日にめでたくペンタックスK10Dを購入したものの、あまり使う機会が無かったのですが。先日、兵庫方面(主に北条鉄道の駅撮影)に行き、ようやく「使った!」という気分になる事が出来ました。

 そこで、私なりにK10Dの使用感を書いてみます。レビューというより、銀塩ユーザーの私が、初めてデジタル一眼レフを使っての感想という風になってますが。

北条鉄道、法華口駅

続きを読む

遂にPENTAX K10Dゲット!

 遂に待ちに待ったペンタックスK10Dを入手しました。あとDA12-24も。
漫画喫茶に篭もり、充電しつつマニュアルに軽く目を通したりしています。初デジタル一眼レフで解らない事も多いのですが、付属の「K10D活用ガイドブック」が簡易マニュアルのようなもので、とりあえずはそれを見ておけば何とかなりそうです。
 やはり人気は相当なもので、私が買ったカメラ屋でも、予約が多い割りに、両手で数えられる程しか入荷しなかったそうです。発表日翌日に予約しておいて良かったです。
 
 充電が完了したら、早速、撮影に行ってきます。

K10Dの予約が凄い事になってるらしい…

 さて、いよいよペンタックスK10Dの発売まで一週間を切った訳ですが、ウェブ上の関連コミュニティでは、K10Dに予約が殺到している事が話題に上っています。発売日の11月30日の入手不可、もしくは入手は難しいと連絡を受けている人も少なからずいるようです。そして、次回の入荷が12月以降とか、酷いと4ヶ月待ちであったり、有名量販店の何々店では何十、何百の予約が入っているとか…。確実に入手するために、一人で複数の店舗に予約しているい人も居て、そのような人のキャンセル分などを含めると、実際の状況はもうちょっとマシなのでしょうが。それと、下手に期待を持たせてダメだったと言って、お客さんに怒られるよりは、少し大げさに伝えておいて期待を持たせない方が無難という、店側の考えもあるのでしょう。
 

続きを読む

ペンタックスK10D 作例掲載サイト

 待ちに待った「PENTAX K10D」発売まであと10日と迫ってきました。
(一日早く29日の夕方に入手できないかな…。仕事が早く終わったら、急いで受け取りに行くつもり。30日は休みを取りました。)

 発売日が迫り、有名デジカメサイトなどで、K10Dの作例がどんどん公開されています。自然風景、街、花や植物、建物、夜景、静物によるISO感度別比較、高感度作例など、豊富に掲載されるようになってきました。私の通信環境はナローバンドなので、掲載されている全画像を等倍で見て、じっくり観察をいう訳には行かないですが、何か他の事をしながら辛抱して、色々な画像をダウンロードして鑑賞しています。

 ここでは等倍でK10Dの作例を鑑賞できるサイトを、以下でご紹介いたします。
 

続きを読む

K10D触ってきた!【K10D 体感&トークライブ 名古屋】

 11月12日に名古屋で開催された「K10D 体感&トークライブ」に行って念願だった、ペンタックスK10Dへのファーストタッチを果たしました。
 私が現在使用しているMZ-Sとの比較による主観的・感覚的なものになるのですが、感じたことを書きます。展示機は製品版ではなかったです。

続きを読む