PENTAX K-5買った!

10月15日に発売になったペンタックスのデジタル一眼レフの上位機「PENTAX K-5」を買いました。
ペンタックス公式サイト、K-5製品紹介ページ
ペンタックス K-5

 K10Dを落下させ壊し、予定外にK20Dを買う事になり、更に予定外にK-xコレジャナイロボモデルを買い、K20DとK-xの併用体制が続いていました。K-xはK-20Dよりも後に出た機種だけあって、ホワイトバランスのより正確さ、倍率色収と歪曲の自動補正、そして何よりも高感度画質など、エントリークラス機ながらもより利点が多く、画質という面ではK20Dを越えていたかもしれません。だけど個人的にはファインダーの見易さ、2ダイヤルある(K-xが1ダイヤル)、レンズを装着した時のバランス、適度な重量と大きさがあるためしっかりホールディングでき手振れ補正機能もあいまってブレた写真が減るなど、個人的にはK20Dの方が使い易く思いました。あと何と言っても雨でも気にせず使える防塵防滴構造への安心感は大きく、天気予報が悪いとK-xを持って行くのを躊躇し、K20Dを選んだ事もありました(今年2月、旧正月の香港の時など)。だから個人的な総合評価はK20DとK-xはほぼ同等と言った所です。

 K-xのいい所と、上位機の使いやすさやK-7の先進の機能を取り入れたペンタックスK-7後継機を待っていたので、どんな機種でも飛びつこうとは考えていました。なので発表数日後に予約して発売直後にめでたく手に入れました。視野率100%のファインダー、自動水平補正機能、DR(ダストリムーバル2)、電子水準器、構図微調整と言ったK-7に取り入れたら機能を引き継いだ事はもちろん魅力なのですが、個人的に「おおっ!」と思ったのが・・・

■USERモードの登録が5つまで出来る。
K-7までは1つでした。K-7のトーク&ライブの時にUSERモードはもっとあった方がいいと要望していたのですが、願いが叶いました。更にいいのが設定ごとにカスタムイメージのシャープネスなど個々の設定、ISO感度、ノイズリダクション(NR)、ハイライト・シャドー補正などK20Dと比べるとかなり細かい事までいじれます。例えば低感度で解像感を強調設定、ダイナミックレンジ重視設定と変えたり、高感度域ではシャープネスを弱めNRを掛けノイズを目立たない設定にするという事ができます。RAWで撮れば関係無いのですが、旅行で撮影してきた何百枚の画像を全てRAW現像するとなるとかなり大変なので、JPEGで済ませられるものがあれば済ましたいです。
ただやや残念なのがUSERモードを替える操作が煩雑な事です。電源を入れた後は立ち上がった画面ですぐに変更できるのですが、撮影途中で替えるようとすると、数ステップのボタン操作が必要なのが面倒です。私は絞り優先で撮影する事がほとんどなので、ユーザーが個人的に使わないモードをUSERモードとして割り振れたら便利だと思います(例えば私の場合だと、P、Sv、グリーンモード、TAvとか)。

■14bitRAWの採用。
ペンタックスの35mmデジタル一眼レフでは初です。12bitRAWとたいして違わないという説もありますが、RAW現像をより高画質に仕上げられる可能性を秘めているような気がします。

■高感度画質と最高感度の向上
これがK-5でいちばん歓迎されている点なのではないでしょうか?最高感度はK10DではISO1600、K20Dでは6400、K-xでは12800ですが、K-5ではISO51200という超高感度!夜のスナップが気軽に軽快にできそうです。私は決して高感度至上主義ではなく、むしろ高感度画質≒デジタル一眼レフの評価という風潮に疑問を覚えていますが、だた高感度画質が上がる事は素直に嬉しく思います。まあ、私は高感度に関しては複雑な感情を持ち合わせいるのは自覚していますが(笑)。ISO10000以上の超高感度画像が鑑賞に耐えるかどうかは別ですが、撮影できる場面が広がるのは嬉しく、夜行列車の車窓風景なんてものも撮影できそうです。

あと・・・
■ISO感度下限がISO100(拡張時ISO80)になった。
■高感度ノイズリダクションが感度毎に、オフ、オート、強弱など設定できる。
事などが嬉しいです。

動画とか連写速度とかはどうでもいいです。
まだ、夕方~夜間にしか使っていないのですが、下旬にちょっと旅に出るのでその時にじっくり使ってきます。

最後にK-5,ISO51200のサンプル画像です。(それぞれクリックで拡大します)

(DA★16-50、1/40秒、F4、NRオート、16M、画質:JPEGEプレミア)
※ブログの画像サイズ制限のため縮小。
ペンタックスK-5、iso51200(縮小)


上記画像の等倍切り出し画像。
ペンタックスK-5、iso51200(等倍切り出し)

等倍で見るとさすがにノイズまみれで見られない画像です。夜間のやや遠景、超高感度という難しい条件のため曖昧な画像で、どこにピントが来ているかも解らなくむしろ外しているかも(笑)
そうは言っても、こういう画像が撮られるようになったのは凄いと思います。

で、鉄っちゃんにとっては、この画像がどこかという事の方が気になる事と思いますが、次ぐらいにネタにしようと思います。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ