JAL SKY SUITE 777・プレミアムエコノミークラス、ロンドン‐東京羽田、搭乗記(1)

【その1: ファーストインプレッションから離陸まで】

JALの進化したキャビン、スカイスイート777

 長かったヨーロッパ旅行、帰路の3フライト目はJALのロンドン・ヒースロー空港発東京・羽田行きです。機材はB777-300ER。長距離線のフラッグシップとなって同機は、近年、SKY SUITE 777(スカイスイート777・SS7)として、ビジネスクラスに個室感覚のフルフラットシートを導入したり、詰め込み傾向が強まるエコノミークラスで、あえてシートの間隔や幅を広げたエコノミークラスを導入するなど、登場以来、とても高い評価を得ています。

 
 当日、ヒースロー空港で、ボードに表示された搭乗案内時間の18時15分になっても、搭乗口の案内が出てきません。ですが、ラウンジからJALの機体が駐機しているのが見えていたので、大体この辺りだろうと行ってみました。するとJALの係員の方々待機している搭乗待合所がありました。搭乗橋の向こうにはJALのB777-300ERが繋がれていました。ここで良かったようで、搭乗券のチェックを受け待合所に入ると、何と全搭乗客中2着。がらんとしたガラス張りの待合所で変な気分で過ごしました。

ロンドン・ヒースロー空港に駐機するJAL B777-300ER

>>[JAL SKY SUITE 777・プレミアムエコノミークラス、ロンドン‐東京羽田、搭乗記(1)]続きを読む

カテゴリー: エアライン・空の旅 | コメント(0) │2014/09/12(金)13:28

エミレーツ航空ビジネスクラス、ドバイ‐東京搭乗記

 深夜2時過ぎ、やっとエミレーツ航空の東京・成田行きの搭乗が始まりました。エミレーツが誇るドバイ空港第3ターミナル、A380向けとして建設されたコンコースAからの搭乗で、ラウンジから搭乗橋直付けで機内へかと思いました。しかし、エレベーターを降りると、通常の搭乗橋と合流となっていました。これがA380だったら直接、アッパーデッキのビジネスクラスキャビンへ行けたのでしょうが…。

 機材はB777-300ER。80機以上保有し、なおもオーダーしているエミレーツの主力機です。

エミレーツ、B777-300ER

(エミレーツ航空、B777-300ER。※往路の成田空港で撮影)



>>[エミレーツ航空ビジネスクラス、ドバイ‐東京搭乗記]続きを読む

カテゴリー: エアライン・空の旅 | コメント(0) | トラックバック(0) │2013/10/29(火)21:23

作成者

solano

{solano}
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

twitter

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。

記事検索