関西国際空港、LCCターミナル~ピーチアビエーション搭乗記(1)~

先日の沖縄旅行で、往路の航空便にはLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)のビーチアビエーションをあえて選んでみました。
 中部・セントレア‐那覇間のフライトもあるのに、なぜ関西からピーチかと言うと、近年、注目を集めているLCCというものを体験してみたかったというのもあります。そして今後、中部にLCCが就航する事があっても、関西空港を拠点にするピーチが中部に来る事は無いだろうと思いこの機会にと思いました。
 関西空港に行く交通費だけで余分な出費に感じるのですが、航空券が激安のプロモーション運賃で座席指定料を含めても3000円しなかったので、東海道新幹線+特急はるかと合わせても約1万円でした。JALの中部-那覇間、最安割引運賃の先得の最安価格帯とほとんど変わりなく…、と言うか気がつけば東海道新幹線の名古屋‐新大阪間の料金より安いという結果。LCCは「空飛ぶ電車」と電車感覚で気軽に乗れる事をアピールしていますが、運良く激安の運賃で取れれば、ちょっとそこまで行く感覚で利用しようという気になりそうで、まさにLCC恐るべしです。
 だけど搭乗に際し、空港のメインターミナルビルから離れたターミナルの発着だったり、搭乗手続きの締め切り時間が早めで厳しかったりと、LCCなりの注意事項があります。ピーチアビエーションの場合、関西国際空港ではLCC専用の第2ターミナル利用となり、メインのターミナルからはバスで約10分の連絡。国内線のチェックイン締め切り時間は30分前とレガシーキャリア(LCCでない既存の航空会社)より少し早めになっています。第2ターミナルへの移動時間も含めゆとりを持って移動する必要がありそうです。

 当日、朝の9時に関西空港駅に降り立ちました。そして第一ターミナルの反対方向にあるエアロプラザに向けて歩きました。通路を渡り切りエアロプラザ内に入りましたが、どっちに進むのだろうと迷っていると、案内の看板が出ていました。
関西空港、第2ターミナルへの案内看板
 LCCターミナルと言っても、現在の所、使用しているのはピーチアビエーションのみで、その事が強調されています。案内に沿って進み1階下り外に出ると、T2行きのバス乗り場がありました。

関西空港、LCC専用の第2ターミナル外観
 バスで10分弱走ると、関西空港第2ターミナルに到着。2012年の10月28日に供用開始になったばかりで、グレー基調で現代的な建物に見えますが、真新しい倉庫と言った感じ…。一般的にLCC用ターミナルは低コスト運営のため、デザインや造りが簡素になり、時に殺風景ささえ感じるとよく聞きます。ターミナル正面では、ガラス窓は中央の出入り口位にしか使われていなく、窓拭きや破損時のコストを抑え、壁面は耐久性に優れながらも安い素材を使っているのでしょう。

続きを読む