「肥薩線、今に残る明治、大正の木造駅舎を巡る旅」をUp!

古く美しき駅舎に
肥薩線、今に残る明治、大正の木造駅舎を巡る旅
を新規掲載しました。

嘉例川駅の木造駅舎(2012年撮影)
 写真はもはや駅鉄、鉄道ファンだけでなく、非鉄にも広く知られ観光客も多い嘉例川駅です。この写真は2012年4月に肥薩線の駅を巡った時のものです。嘉例川駅には4回目の訪問となるのですが、毎回なんか同じような写真ばかり撮っています(笑)。まあ、それだけ変わっていないというか、変わらず味わいがあり何度でも撮りたくなるような佇まいという事なのですが。
 でもこの4月の訪問では、桜のある風景を見られたのと、旧駅務室内に入る事ができたのが最大の収穫です。
嘉例川駅、駅務室から見た窓口跡。
嘉例川駅旧駅務室側から見た出札口跡(写真右側)と手小荷物窓口跡。昔のままの造りを留め、使い込まれた木の質感も素晴らしいです!
(※過去の嘉例川駅訪問記、1回目は前出のリンクから、第3回目はこちら。2回目は未作成です。…と言うか、実は作成途上で頓挫したままだったりします。)

---------------
 「駅と駅舎の旅写真館」では、基本的に1ページで1駅を、写真や文章を交え濃厚に…、比較的長編の駅訪問記として紹介するスタイルです。しかし今回の「肥薩線、今に残る~」では、角度を変え、一駅毎の写真数を少なくし、文章も印象をさらっと綴る感じにして、まとめ的に1ページで多くの駅を紹介しようという発想で作ってみました。 
 …とは言え、肥薩線には10もの現役木造駅舎があり、更に1駅プラスして紹介しているので、普段の何駅分の駅訪問記を作るのとたいして変わらない手間がかかりました。また、写真は1駅3枚としたのですが、基本としての駅舎前景の1枚の他は2枚だけなので、この2枚を選ぶのに苦労しました。いくら味わい深いからといって、同じような写真ばかり選んでもかえってつまらないので、全体のバランスを考えバラエティ感あるようにしたつもりです。

 私のサイトの更新頻度やスタイルからは、どうしても多くの駅を紹介するのは無理という事もあり、まとめ的な紹介を思いつきました。1ページ1駅というスタイルを基本にしつつ、今回のように「薄く広く」まとめ的に色々な素晴らしい駅を紹介する事もしたいなと思っています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

カテゴリー: サイト更新情報・お知らせetc | コメント(0) │2012/08/17(金)03:39

大畑駅(JR九州・肥薩線、木造駅舎)訪問記Up!

古く美しき駅舎に
大畑駅(JR九州)~肥薩線、木造駅舎の旅~
を新規掲載しました。

 大畑駅には3回目の訪問となりますが、今回、初めてじっくりと滞在する事ができました。駅舎の素晴らしさはもちろん、夜の雰囲気もとても趣あり印象的でした。

大畑駅、木造駅舎に取り付けられた駅名看板。

 肥薩線には本当にいい木造駅舎がいっぱい残っているなと思います。強烈な個性やインパクトというものは無く、古くて地味なだけですけど…。でも、そこがまたいいのです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

カテゴリー: サイト更新情報・お知らせetc | コメント(0) │2012/07/11(水)01:49

矢岳駅訪問記(JR九州・肥薩線、木造駅舎)Up!

古く美しき駅舎に
矢岳駅(JR九州・肥薩線、木造駅舎)
を新規掲載しました。
矢岳駅、駅舎に掲げられた行燈式の駅名標。
嘉例川駅などとほぼ同じ「肥薩線型」の古い木造駅舎が現役の味わい深い駅舎です。

このレトロな雰囲気に満ち溢れた行燈式の駅名標は灯るのでしょうか…?大畑駅のものはもう壊れているのだろうなと思っていたのですが、しっかり灯っていて、オレンジ色の灯しが静寂漂う秘境駅にあやしさのような味わいのような独特のムードを奏でていました。

------
試験的に駅訪問記の末尾に「駅基本情報」を入れてみました。
所在地、駅舎建築年、駅営業形態と言った基本的で最低限と思われる情報を箇条書きで記述しています。文中でも触れている事が多いのですが、文章が長くなりがちで、そういった情報が埋もれやすいので、なんとかしたいなとはずっと思っていました。
 殆どが基本的な項目なのですが、当サイト独特の項目として「駅正面の向いているおよその方角」という項目を入れました。細かく言えば駅舎正面(出入口、車寄せなど)が向いている方角がどっちかという事ですが、つまりは写真撮影で逆光を避けるための参考情報と言った感じです。逆光が完全に悪とは言いませんが、記録という観点からはできれば避けたいかなと思います。
 例えば矢岳駅の場合は、おおまかに言えば西向きとなります。今回、朝の訪問となったため、東から射す朝日でほぼ逆光で、外観の撮影に苦労しました。おまけに快晴だったため、屋根瓦やコンクリートの床面などが白とび気味の割りに、陰影が出来やすかったです。晴れの日の駅舎撮影が意外とやっかいです。
 駅舎の撮影にいちばん適しているのは、私は薄日が射す程度の曇りだと思っています。ピーカンでくっきりとはいかず精彩を欠いている感さえありますが、フラットな光線状態で日差しでコントラストがきつくなる事も無く、地味な感じに写りますが、そこがまた木造駅舎にはぴったりだと思っています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

カテゴリー: サイト更新情報・お知らせetc | コメント(0) │2012/05/30(水)01:40

サイト更新情報【6/24】

Station Photographs-駅と駅舎の写真館-

 古く美しき駅舎に「嘉例川駅(JR九州・肥薩線、木造駅舎)第三回目訪問」を新規公開しました。築百年を超え、使い込まれた木々の渋味と心地良さを味わえる空間です。
 過去に3回訪問していて、嘉例川駅初訪問の時のものは既に公開済みなのですが、第二回目のものがまだ未公開となっています。まあ、変わらないのがこの駅のいい点の一つで、二回目も訪問日時以外は大した変化はなく代わり映えはしないのですが、気が向いたら第二回目訪問時のものも公開します。

カテゴリー: サイト更新情報・お知らせetc | コメント(0) │2007/06/24(日)03:16

作成者

solano

{solano}
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

twitter

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。

記事検索