ザ・ブリッジ(THE BRIDGE)~キャセイパシフィック航空、香港ビジネスクラスラウンジ~

 ザ・ウイング(THE WING)で寛いだ後、ザ・ブリッジ(THE BRIDGE)に移動します。香港国際空港第一ターミナルは、ターミナルビルからY字状に建物が伸び各搭乗口が配置されています。ザ・ウイングはターミナルビル内に、ザ・ブリッジはターミナルビルから進んだY字状の突き当たり部分にあります。

CXラウンジ、ザ・ブリッジ入口

 ザ・ブリッジ入口。2013年の10月オープンで、香港国際空港のキャセイパシフィック航空ビジネスクラスラウンジの中では最新のものになります。ザ・ウイングから歩くと結構ありますが、名古屋中部行き532便の49番搭乗口からは最も近いラウンジだったので、結果的には幸運でした。

受付は階段を下った1階下にありました。

続きを読む

JAL修行、解脱~有終の国内線ファーストクラス~

心の中で暖めていたJAL修行の結びを飾るフライト

 JALグローバルクラブ(JGC)入会資格を得るため、10月から本格的にJAL・JGC修行を始めたのですが、遂に残り1384FOPとなりました。この数をキリ良く稼ぎたい訳ですが、長距離線のタッチ修行だと結構なオーバーになってしまいます。ふと思えば、那覇‐宮古間を特便割引で往復すると1438FOPとキリのいい数字なので、これなら那覇‐宮古タッチ&ピストン修行の時に、無理してもう1往復しておくのがコストパフォーマンス的には最高だったのかもしれません。

 けれども修行を計画し始めた頃に、漠然と思い浮べていた事があります。これを機会にJALの国内線ファーストクラスに乗ってみたい。そして修行の締めは印象的なものにしたいと…。そのうち二つの考えは自然と融合していき、「50000FOPオーバーのフライトは国内線ファーストクラスで…」と固まっていきました。

 だけど国内線ファーストクラスのあるフライトは、羽田発の大阪・伊丹、札幌・新千歳、福岡間一部の便しかなく、日帰りでできれば安くという条件を重視し大阪・伊丹を選びました。もう1フライトは名古屋中部-成田にし、成田‐羽田間はリムジンバスで移動する事にしました。

解脱への旅の始まり。名古屋中部‐東京成田線

続きを読む

    

作者

solano

列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅