JAL本州‐那覇ピストン&タッチ修行

 またJAL・JGC修行の旅をしてきました。今回はピストンと言われる往復修行に加え、着いたらすぐに引き返す「タッチ修行」の要素も含んだミックス型の修行となります。前回の宮古‐那覇のような短区間と違い、那覇空港と本州の空港を日帰りで2往復するハードな修行です。総搭乗時間は実に10時間近くに及びます。ヨーロッパなら、モスクワ、ヘルシンキまで行ける時間で、そう考えるだけでも疲れた気分に…。
 
セントレア国内線、エアラインラウンジ
 前回の宮古ピストン修行のおかげで「5回乗ったら国内線ラウンジ利用キャンペーン」で期間限定でラウンジを利用する資格を得て、フライト前にくつろぎます。中部国際空港・セントレアでは全日空との共同ラウンジ「セントレアエアラインラウンジ」になっています。国内で飲食物はビール、ウィスキー、ソフトドリンク、あられ、チョコレート程度しか無かったですが、カードラウンジと違い保安検査後にあるので、搭乗直前までくつろげました。でも、窓が無くできれば駐機場や滑走路に面した側に設置して欲しかった…。出発便が集中する朝で、この写真の10分後には結構混雑してきました。

スタートは前回、散々お世話になった日本トランスオーシャン航空(JTA)の那覇行き251便。またJTAのB737だな思い搭乗口まで行くと、JALの子会社・JALエクスプレスのB737-400でした。同じJALグループという事で何かと融通しあっているのでしょう。内装や座席配置も同じでした。

JTA251便那覇行きでサービスされたちんすこうとコーラルウェイ割引券
 ベルトサインが消えると、「JTA中部‐那覇便のお客様に」という事で、ちんすこうとJTA直営の売店「コーラルウェイ」の割引券が配布されました。修行でJTA中部‐那覇便に4回乗りましたが、こんなサービスがあったのはこの便だけでした。ちょっとでも嬉しいですね。そしてこの後に、ドリンクサービスだったのですが、前回は、シークワサーと、緑茶位(あと1種類あったかも…)しかもホットドリンクが無く、ホットコーヒーが無いのを物足りなく思ったのですが、この便では、コンソメスープ、ホットコーヒーがあり、冷たいドリンクも前回より種類がありました。JALエクスプレスは今年になって、JAL便として運行されているので、JALに基準を合わせていて、今回JALエクスプレス機材だったからこうなったのでしょうか…?…と言いつつも、結局選んだのはシークワサーでした。やっぱり沖縄となるとシークワサーを飲みたい気分になります。

jta251
 朝のまぶしい光を浴びながら沖縄を目指します。ドリンクを飲み干してしまえば席を倒して寝る体制に入りました。クラスJ席は+1000円と考えると快適なのですが、レッグレストが中途半端なのが返す返す残念!


>>[JAL本州‐那覇ピストン&タッチ修行]続きを読む

カテゴリー: エアライン・空の旅 | コメント(0) | トラックバック(0) │2011/11/20(日)13:20

作成者

solano

{solano}
列車や飛行機で遠くどこかへ…、カメラ片手に駅や街を気の向くままに、ぶらぶら旅。
下記サイトも運営しています。
駅と駅舎の旅写真館
Solanoの鉄旅駅旅ブログ
my旅BOX-鉄道旅行と旅

twitter

etc...

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひポチッ↓!!っとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 面白いブログが色々あります!

  • 迷惑投稿対策のため、コメント、トラックバックの表示は管理人の承認後となります。承認まで時間がかかる場合がありますが、悪しからずご了承下さい。

記事検索