JAL401便・成田‐ロンドン、ビジネスクラス

【名古屋→リスボン、フライトルポ(3)】

 いよいよ搭乗開始の11時30分となりました。ファーストクラス、ビジネスクラス、JGC、JALマイレージバンク上級会員の乗客などは優先搭乗で、大勢の人々を尻目に悠々と機内に向かいます。

 機材は今やJAL長距離線のフラッグシップ機と言えるB777-300ER型で、F9席、C63席、PY44席、Y156席です。配置を見ると、Yは翼の後方の4割程のスペースしかなく上級クラス多めの配席です。指定された12K席に座りました。やはり普段使っているエコノミークラスとは段違いの快適さです。幅もピッチもゆったりしています。

JALのビジネスクラス、エグゼクティブクラス「SEASONS」のシェルフラットシート。
(写真はJL054便B777-200ERのものですが、同型のシートが装備されています。)

続きを読む