名古屋→リスボン、フライトルポ(1)-インボラアップグレード!そしてJL054、名古屋(中部)-成田-

 最近は飛行機旅行にも興味を持っているので、名古屋(中部)-リスボンへの搭乗記を…。

 ポルトガルのリスボンと日本の間には直行便が無く、必然的にとこかでの乗継になり、今回はJALのヨーロッパ内乗継にして、以下の経路を選びました。
 往路:名古屋中部(JL054)成田(JL401)ロンドンLHR(JL5347/BA運行)リスボン
 復路:リスボン(AF1025)パリCDG(JL438)名古屋中部

 往復とも中部にするのが最短時間なのですが、ルートを変えた方が機材や欧州内のエアラインが変わって面白そうなので、あえてこのルートにしました。航空券は私にしては奮発のJALのプレミアムエコノミークラス(PY)にしました。文字通りちょっといいエコノミークラス(Y)です。

もしかしてインボラ!?

 さて、旅行が近付くにつれどんどん楽しみになり、時々JALのサイトで往路の空席状況を確認をしたていたのですが、エコノミーがそのうち満席になり、PYも残席が数席になっていきました。そして、出発前日に自分の予約確認をしてみると・・・、成田-ロンドンのフライトで、自分の指定した座席が取り消されているではありませんか!そこでガッツポーズ!何故なら、これはインボラアップグレードの兆候だそうだからです。さらに401便の座席指定の状況を見てみると、取り消された自席を含め、これまでとはガラリと座席指定状況が変わっていました。

 インボラアップグレードとは、予約した座席クラスよりも上のクラスに無償で席を振り替える事で、正式にはインボランタリー・アップグレード (involuntary upgrade) と言い、海外ではオペレーショナル・ アップグレード (operational upgrade) と言う事が多いようです。航空会社はキャンセルを見越し、座席数以上に予約を受ける事は決して珍しい事ではないようです。しかし、予測よりもキャンセルが出ず、例えば、Yクラスで座席数以上に予約受けたりなど、いわゆるオーバーブッキング状態の時、一部の客を空席のある上級クラスへ無償で振り替えるなどして、積み残しを出さなように対処します

 その時、誰をアップグレードするかが気になる所ですが、諸説あります。例えば…

続きを読む